お彼岸法要

お彼岸を迎え、すっかり秋らしくなってきました。
朝晩は肌寒いくらいになりました。
暑さ寒さも彼岸までと言いますが、本当にそうですね。

明日25日(日)は、亡き叔母が眠る滝寺でお彼岸法要があります。
叔母が亡くなってから、毎年お彼岸法要に参加しています。
私がお参りしないと、叔母が寂しがるだろうなと思うからです。

私を頼りに老後を過ごした叔母でした。
突然一人暮らしができない状態になった日のこと
病院への手配や付き添った日のこと
叔母が入れそうな施設探しに奔走したこと
毎週施設訪問したこと、施設でのイベントにも参加したなぁ。
施設で二度も大腿骨を骨折して入院、手術にも付き添った。
叔母の家や持ち物の整理も大変だったなぁ。
叔母の最後のお見送り・・・いろいろなことを思い出す。
叔母が亡くなってから、もう何年になるだろうか。

毎年2回あるお彼岸法要に参加し、叔母に想いを馳せる。
老いていく叔母を支え、最後を看取り、納骨場所をここに決めた
その責任も感じての参加と言えるかもしれない。

施設を訪問した時の叔母の笑顔が浮かぶ。
待ってたんよ〜の顔、何持ってきてくれたんの顔。
最後のお別れの時の、お化粧をして和服を着た姿はきりりとして
叔母らしかった。 若い頃の様子を思い描くことができた。
亡き母より、身近にいた叔母のことの方をより鮮明に思い出す。
それだけ長く老いていく叔母と接していたということなのかな。

叔母さ〜ん、明日会いに行くからね〜!

f0206605_22453166.jpg



       ・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

akiiro

今朝、夫が車庫から車を出す間に、ふと目に入った秋色。
これは、南天の葉かな。こんなに低い所に葉があるということは
きっとこぼれ種で発芽し育つ南天かな。
緑と茶色のグラデーションがきれいでした。

f0206605_1934597.jpg



こちらは、真っ赤な花・・・モミジバアオイ
秋色には程遠い、夏色ですね。
秋になっても、こんなに赤い花を毎日咲かせています。
秋には黄葉するのだけれど、まだ葉は綺麗な緑色。
f0206605_19352569.jpg


シックな秋色の物あり、夏の名残をまだ残す物あり。
あ、私たちといっしょかな。
夏服の人あり、秋服の人あり、この時季は服装も様々ですね。


       ・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

髪を切りました

今年の夏は、一括りの三つ編みで過ごしました。
こんなイメージかな。
(ハハッ、 お借りしたこのイラストでは余りにも若過ぎますね。笑)

f0206605_6482676.jpg

へへっ、こんな素敵なヘアースタイルであればいいのだけれど
60代のシニアですから、どう頑張ってもこうはなりません。
長さはあっても、これよりだいぶんペシャンコ髪 (笑)
それに、横顔にうんと年齢が・・・(笑)

三つ編みでひっつめてると涼しく、髪が簡単にまとまって楽ちんでした。
”少女みたい”と笑った知人も、”でも、よく似合ってるわ”と言ってくれて
自分ではけっこう気に入ってました。 
右側に編んだり、左側に編んだり、
時には、その三つ編みを上に上げて丸めピンで留めてアップに。
この三つ編みスタイルは、ずいぶん楽しむことができました。

でも、秋を迎え、そろそろ切ろうかなと思うようになりました。
シャンプーやドライヤーはそれほど苦にならなかったんだけど
ブラッシングで髪の毛が切れてしまうことが多くて・・・

ショートにしたら気持ちも新たに気分転換できるかな。
善は急げ!  昨日は朝に予約電話を入れ、午後に美容院へ。

”そろそろ切りに来られると思ってました”
”じゃあ、切りますよ!”という美容師さんの声。
胸まであった髪の毛が、肩すれすれの長さで無くなっていきます。

もうしばらくあの長さに戻れないけど、これですっきり。
と思いながらも・・・しばらくしたら少し嫌な予感が・・・
重みがなくなって裾の方で膨らんだりしないかなぁ・・・

案の定、湿気が多かった今日は、だんだん髪がうねってきて
裾も広がり気味で、首回りがすっきりしません。
髪の毛がうまく決まらないと、何だか落ち着かないですね。

今日は早々シャンプー。
シャンプー後は自分なりのいつもの方法でケアーしました。
カラーリングとトリートメントもしてもらっていたせいか
サラサラしっとりツヤ髪になってくれました。
これなら、気持ちよく過ごせそう。
明日の朝もこの状態が保たれてたらいいけれど、どうかな。
雨が降ったり湿気が多い日はまたくせ毛がうねるかも。
気に入らない時はヘアーアイロンのお世話になればいいかな。



       ・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

彼岸入り

今日19日は、彼岸入り。
お彼岸に合わせて、我が家の彼岸花もきれいに咲きました。
咲いてる場所は、以前は田んぼのあぜ道だった所です。
今は庭だけれど、端っこなので遠慮なく咲いてもらってます。

f0206605_2131740.jpg

ところが、今年ラベンダーの間から真っ赤な花が伸びて
ええっ〜! ちょっと〜! ちょっと〜! って感じです。
f0206605_21295947.jpg

ラベンダーを植えるときに、その場所から掘り起こしたはずだけれど
まだ球根が残っていたようです。
彼岸花ってやっぱり丈夫な花なんですね。
芝生の中にもいくつか花茎を伸ばしてるんですよ。

↓は、鉢植えにしている白花の彼岸花です。
白花と言っても、純白ではなくてクリーム色かな。
f0206605_21324154.jpg

地植えしたら忘れてしまって球根を痛めてしまうだろうな
そう思って、今だに鉢に植わったままです。
鉢減らしを考えている今年だけれど、やっぱり鉢のままかな。
せめても、今年はもう少し鉢を大きくしてあげないといけないな。


       ・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

これまでと違った雰囲気に

外壁工事で、アトリエは見違えるようにきれいになりました。
それに合わせて、木製の玄関ドアも塗装してもらいました。
汚くなってきていたので、今回はグレーに塗ってもらいました。
透明仕上げではないので、木肌は見えなくなったけれど
新しいドアを取り付けたようで、とても新鮮な気分です。

f0206605_21535263.jpg

真っ白になった外壁を長く保ちたくて
これまでのように、壁際に植物を置くのはやめにしました。
玄関ステップに鉢を置くのもやめて、下方にほんの少しだけに。
窓の外を飾っていたつるバラやクレマチスの鉢物は
支柱とともに、犬走りの外側に移動しました。
10年以上経つU字型の支柱は、もう古くなっているけれど
もう少し頑張ってもらうことにしました。
f0206605_21321764.jpg

支柱の外側の花壇に蔓延っていたユーパトリウムやオキザリス
これらも処分することにし、この場所も何とか整理できました。
f0206605_21593495.jpg

これまでも楽しみをたくさんもたらしてくれ、元気をくれたアトリエ。
これから何年お世話になるだろうか・・・しみじみ想うこの頃。

鉢や庭の整理ははまだ終わっていないのだけど
明日は雨の予報・・・作業はお休みになるかな。



     ・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

鉢植物の整理

9月に入ってから、ようやくアトリエの足場が取れたので
今まで放任状態になっていた庭の整理をしています。
アトリエの外観が見違えるほどきれいになったので
荒れた庭が目立ち、気になって気になって・・・

昨日の午前中は、アトリエ前のバラが並んで植わっってる場所を
午後には、東側のつるバラが植わった場所を整理しました。
1ヶ月放任されていたので、たくさんの雑草が伸びて大変でした。

土を掘り返しながら雑草を引き、オルトラン粒剤をまきました。
コガネムシの幼虫がごろごろ出てきたからです。
イングリッシュデージーに勢いがないことに頷けました。
根っこが食べられて、すぽっと抜けるような有様でした。

今回は思い切って、鉢の植物を減らそうと考えているので
バラエリアに、鉢植えのバラを6本移植しました。
鉢植えのクレマチスもバラエリアに植えようかと思ったのですが
草丈の低い木立性なので、バラの間に鉢のまま置くことにしました。

連日の作業で、昨日もぐったり・・・早くから就寝しました。
今日は午前中用事があるので、午後の作業もお休みします。
これまでに処分した雑草や剪定・不要植物は、ゴミ袋7つ分。
よくまあこれだけ、ここまで放任していたこと!
あ・・・足場があったから許されたことですね。
猛暑続きだったので、足場を理由に作業せずに済んだので
体のためには良かったかな。

庭の整理はもうあと少しです。
とりあえず見苦しくないところまでは頑張りたいと思ってます。
鉢はずいぶん整理できましたよ。まだ少し整理します。
でも、空いた鉢の置き場所が必要になってきました。
もう鉢は増やさないです、絶対に、たぶん。

f0206605_22331887.jpg



     ・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

秋近し

秋の気配が感じられるようになった今
暑さに耐えていた植物たちもホッとしているように見えます。
葉を落としてしまっていた樹木も、緑の葉を出してきました。
弱りかけていた植物もしゃんとしてきた感じがします。
植物にとっても過ごしやすい季節がやってきたようです。


ピンクのリコリスが花を開きました。
赤花の彼岸花は、まだ先のよう。
彼岸花って、お彼岸に合わせて咲きますものね。
彼岸花が群れて咲く姿は圧巻ですよね。
このピンクのリコリスは毎年このくらいです。
派手な色だからこのくらいで十分かな。

f0206605_2201863.jpg



こちらは、寄せ植え鉢で育つランタナです。
f0206605_209581.jpg

この花は、花期が長く暑さにも強くていいですね。
斑入りの葉に、クリーム色の花は今までになかった花ですよね。
珍しいなと思って買ったのは、今年の春先だったかな。
植えたすぐの苗の時は、こんもりした姿であまりパッとしなかったけど
一夏過ぎた今は、枝が伸びてナチュラルな姿になってきてよい感じです。
冬越しできるかな。庭に植え込むことができるかな。


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

庭を覆う花

夏からずっと花を咲かせている青花ユーパトリウム
この花は本当に強いですね。よく増えますね。
日当たりの良い場所では葉が茶色く焼けたりもしていたけれど
それでも、へこたれずお花を咲かせ続けています。

f0206605_209183.jpg

いろんな場所に広がって、庭はユーパトリウム畑のよう。
この花に囲まれてしまった他の花はどうしてるかしらん。

暑さが弱まった時間を見計らって、他の花を救出すべく
このユーパトリウムをいろんな場所で引っこ抜きました。
もともとその場所にあった花は、やれやれ助かった!!
そう言ってるように見えました。
ユーパトリウムの花柄をカットしながら草丈も低く抑えました。
庭はだいぶんすっきりしました。


こちらは白花ユーパトリウム。
青花に負けそうに思えたので、昨年鉢上げしておいたものです。
こちらの花は最近咲き始めました。
自宅の庭ではこの白花が広がって咲いているのですが
アトリエの庭では青花ばかりが増えていきます。
こちらの白花が増えてほしいのだけど。
f0206605_2093915.jpg



     ・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

今日から9月

9月と聞くと・・・夏も終わりに近づいたなって気がします。
とは言え・・・今日はまた暑さが戻って暑かったですね。
それでも、朝晩はずいぶん過ごしやすくなりました。
秋の到来も後少しですね。

f0206605_20305828.jpg


8月は夏休みになっていたアトリエでの絵画教室が、今日から始まりました。
生徒さんたちが訪れて、またこれまでのような時間が流れています。

夏休みの間に、アトリエの外壁工事をやってもらっていたのですが
まだ少し作業が残っているので、足場の解体はまだ先のようです。
足場を組むためにガレージに移動していた鉢植えの植物たち
そして、庭の植物たち・・・この夏は水やりだけで放任状態でした。
そろそろ手をかけてやらなくては、哀れな姿です。
日陰になった所から少しずつ雑草引きや剪定をしようと思ってます。



f0206605_21392414.jpg

今年の音楽発表会は、8月28日(日)に無事終わりました。
昨年よりは、ずいぶん落ち着いて歌うことができました。
ステージに移動中、頑張って〜!!という孫の可愛い声が飛んできて
思わず、にっこりです。心がほぐれました。
家族の他に、3組の知人夫婦が来て下さり見守って頂けたことも
大きな大きな力になりました。
歌い終わった後、高音がきれいだったと褒め言葉も頂くことができ
それもまたうれしかったです。
これからも頑張って続けていけそうです。
応援して下さる方々がいることに、本当に本当に感謝です。


f0206605_21175625.jpg
f0206605_21173643.jpg
f0206605_21171244.jpg




    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

お盆も終わり・・・

今年のお盆は、いつもより忙しかったです。
今年1月に亡くなった義父の初盆だったからです。

古い慣習が今も残る地域なので何かと準備が大変。
8月に入ってから、いろいろと調べながら少しずつ準備を進めていたので
慌てることなく無事にお盆を迎えることができました。
息子や娘家族が手伝ってくれて大いに助かりました。

お盆後の配り物や片付けも終わった今日はのんびり。
久しぶりにアトリエに向かい、歌の練習をしました。

レッスンもお休みしてしまったし・・・しばらく声を出していなかったし
それにやや疲れ気味だし・・・うまく歌えるかどうか不安でしたが
心配したほど歌にブレがなかったので、ちょっと安心しました。

21日(土)は、教室でのリハーサルです。
先生と2人だけのいつもの練習と違って、この日は声楽仲間が集まります。
あまり緊張せずに歌えたらいいなと思ってます。

f0206605_16315468.jpg


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]