<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

元興寺地蔵会

 昨日は元興寺地蔵会に行ってきました。 全国から寄せられたさまざまな作家が描いた絵や書が燈篭に仕立てられたものが並び、極楽坊のお堂の中はいつもと違った雰囲気を醸し出しています。 夫も献灯していますので、毎年楽しみに行っています。
f0206605_031676.jpg

 境内では、約2,000個の灯明皿にともされた灯りが石仏の前に並びます。 石仏の間間にはキキョウの花が咲き、なかなか幻想的です。 いろんな顔形をされたお地蔵さまに手を合わせて無病息災を祈ります。 燈明皿には願い事が書かれてあります。
f0206605_013692.jpg

 そうそう、元興寺に行く道すがら、商店街で今年はこんな商品を見つけました。 奈良漬屋さんで、奈良漬アイス。 物珍しさに1つ買ってみました。 アイスの中に確かに奈良漬が入っていました。 奈良漬の香りがするアイスのお味は・・・想像にまかせます。(笑)
f0206605_0272660.jpg

 そして、こんなものも見つけました。 柄入りのマスクです。 白でなくこういうマスクもあってもいいのではと思っていましたが、こんなところで見つけました。 お値段は普通のマスクの7倍くらい。 洗って使えると銘打ってあるので普通のよりは丈夫なのでしょうか。 買ってみたい気がしたが、こんな柄ではちょっと恥ずかしい。 目立ってしまいそう。
f0206605_0292560.jpg

[PR]
by hana-poketto | 2009-08-26 00:34 | お出かけ・旅 | Comments(2)

おいしかったジャム

 これは、今年採れたブラックベリーです。 黒くなった実から収穫して冷凍保存していたのですが、最後の実を収穫してお鍋に移してみると、こんなたくさんでした。 昨年を上回る収穫でした。 おかげで、ジャムがたっぷりできました。

f0206605_21513923.jpg

 出来上がったジャムの画像を撮っていなかったのが残念です。 ガラスの瓶に入りきれないほどの量だったんですよ。 保存料が入ってないので、悪くならないうちに食べ切れるかなと心配していましたが、毎日の朝食のトーストに毎回のせてはおいしいなあ!おいしいなあ!と言いながら食べたので、10日もしない間に無くなりました。 家族からは大好評でした。 

 作り方は私流です。 ワイン・水・蜂蜜・砂糖を入れて煮込みます。 ブラックベリーの種を取り除く作業が大変ですが、今年はざるで濾しました。 濾した後さらに煮込み、お塩で味の調節をして出来上がりです。 上品な甘酸っぱさが口いっぱいに広がり、ホントおいしかったです。 自己満足になりますが、市販のジャムより数段おいしかったです。

 今は、ブルーベリーを収穫中です。 まだ全部は黒くなってないのですが、小さなタッパーに8分目位の量になるでしょうか。 こちらも最後の実が収穫できたらジャムにしようと思っています。 
[PR]
by hana-poketto | 2009-08-23 22:26 | Comments(3)

秋に向けて

 今日も暑い日でしたが、冷えた部屋から庭に出ると戸外の暑さが心地良く感じられて、少しばかり庭仕事をしました。

 暑さの中で頑張って咲いているバラの花を切るのはちょっと淋しいけれど、そろそろ秋に向けて休ませてあげなくては・・・と、今日は思い切って切りました。 そして、花瓶に飾りました。
f0206605_2211524.jpg

 でも、小さな蕾をつけてるものは切るのがかわいそうな気がして、まだほんの少し残してあります。 それまで咲くのを休んでいたバラだから、もしかしたら・・・早々秋を感じて蕾をつけたのかも・・・と思われて、もうしばらく様子を見て切ることにしました。

 その後、バラの足元に生えている雑草を引いたり、花柄摘みをしたり、少し耕して肥料をやったり・・・それから・・・蔓延ったフッカケスミレを引き抜いて、植えてあったものを移植したり、昨日頂いた花苗を植えたり・・・と、今日はいつもになく長く戸外で過ごしました。 冷えていた体ももう汗びっしょりです。 疲れがたまらないうちに終わるのが肝要・・・と早々に後始末をして終了しました。

 働いた後のカルピスがおいしかったこと! 氷をカランカラン鳴らしながら喉を潤しました。 カルピスを飲むのは何年ぶりでしょう。 この夏の頂きものです。 懐かしさを憶えます。 マンゴーリッチや巨峰リッチという新しい種類のもまた格段においしいですね。
[PR]
by hana-poketto | 2009-08-22 22:58 | 庭や花 | Comments(0)

冷蔵庫にいっぱいのオクラが・・・

 父が作っている畑から、毎日のようにオクラが収穫されています。 毎日たまるこのオクラをいかにして食べるか・・・これがまた悩むところです。

 我が家のこれまでのオクラの料理方法といえば・・・① 茹でて刻んだ上に鰹節をのせお醤油をかけて食べる ② 天ぷらにする ③ 塩茹でしてお肉や焼き魚に添える ④ 種を除いて味噌汁に入れたり、炒めものに入れたりする・・・くらいのものでした。
 
 一昨日、オクラのレシピを探していて、もっとも簡単な料理方法が見つかりました。 茹でたオクラを刻んだ中に瓶詰めのなめ茸を入れてザックザックとかき混ぜて出来上がりという超簡単な「なめ茸オクラ」なんです。

 さっそく昨日作ってみました。 なめ茸の分量は適当に入れました。 味が少し薄かったのでお醤油を入れてみました。 そして、冷蔵庫に入れて冷やし、冷えたところを食べました。  これだったらオクラの量が少々多くても食べれそうです。 オクラの嫌いな夫も食べてくれるだろうか・・・

 そして、今日もまた作ってみました。 今回はなめ茸の量を増やしてみました。 前回と同じくお醤油も少し入れました。 何と、オクラの苦手な夫が、最初は遠慮気味な口運びでしたが、「これは行ける!」「オクラの嫌みがなめ茸に消されておいしい!」と。 

 ネットのおかげで、食べ方が広がりました。 まだまだオクラのレシピはたくさんありそうです。 次回はどんな料理法が見つかるかな。
[PR]
by hana-poketto | 2009-08-20 00:01 | Comments(2)

残暑が厳しい

f0206605_18112311.jpg


 お盆が過ぎましたが、猛暑の毎日です。 でも、朝晩は幾分か涼しさを感じるようになりました。 秋も徐々に近づいてきているのでしょうね。

 ユーパトリウムが咲き始めています。 銅葉に紫花のユーパトリウム・チョコレートが好きだった私でしたが、この緑葉に白花のユーパトリウムが最近では好きです。 明るい緑に白が清々しさを感じさせてくれるからです。 そして、このユーパトリウムはよく増えてくれるのです。 今の時期、私の庭で一番優秀な花かもしれません。

  
[PR]
by hana-poketto | 2009-08-17 18:58 | 庭や花 | Comments(2)

「見残しの塔」

 知り合いから、「瑠璃光寺に行ったことがありますか?」と尋ねられましたので、「はい、何回か学生のころに行ったことがあります。 そして、一昨年夫と二人で山口へ旅をしたときにも訪れました。」と答えました。 「五重塔が美しいんだそうですね。」とさらに言葉を重ねられたので、「はい、緑の中に落ち着いた感じで建っているきれいな塔です。」と答えました。

 「見残しの塔という本、読まれましたか?」とさらに尋ねられたので、「いいえ」と答えると、「読まれます?」ということになって、「見残しの塔」という本をお借りして読むことになった次第です。

 読み始めてからずいぶん日数が経ちますが、登場人物が多いのと、この作者の文体に慣れていないのとで、わずか十分の一くらいしか読み進んでなかったのでした。 このお盆休みの間に読んでしまおうと、アトリエから本を持ち帰ってきました。 家事を済ませた夕方までの時間を使ってひたすら読み進めていましたら、いつの間にか五分の三のところまでページが進んでいます。

 作者の久木綾子さんは、89歳で作家デビューされた新進作家だそうです。 構想十四年、執筆四年・・・となると・・・70歳を過ぎてから取り組まれたことになるでしょうか。 優美な五重塔に惹かれ、それを建てた番匠の物語を書きたいと願い、取材に熱中し・・・老いてもなおこうしてエネルギッシュに活動できる・・・何てすばらしいことなんでしょう。 尊敬します。
[PR]
by hana-poketto | 2009-08-14 22:27 | Comments(2)

明日は立秋らしい

 今日はとても蒸し暑かった。 クーラーの効いた部屋の中にばかりいたらいけないなと思い、気分転換に庭に出た。 咲き終わってるバラの花柄を切ったり、鉢の中に生えてきてる雑草を抜いたりした。

 父が盆栽仕立てにしてくれていた藤の花が今年に入って一枝枯れてきていることを思い出した。 水盤のような平たい盆栽鉢に、もうかれこれ3,4年は植えっぱなしになっていたと思う。 きっと根がびっしり回ってるんだろうなと思いつつもそのままになっていたのだった。 思い切って鉢から抜いてみることにした。

 案の定、根だらけ。 土もパサパサ状態。 枯れていくのも無理はなさそうだった。 盆栽仕立てはやめて、今度は深めの洋鉢に植えることにした。 枯れた枝を切り、緑の葉が茂った元気な枝が直立になるように株をやや傾けて植え込んだ。 まだ太い枯れた枝は残っているのだが、鉢を替えただけで雰囲気が変わっていい感じ。 来年も元気に花をぶら下げてくれるだろうか。

 暑い中での作業だったので、いつも以上に汗をかいて洋服もびっしょり。 クーラーの効いた部屋に入ると体が冷え切ってしまいそうだったので、とりあえずアトリエに置いてあった有り合わせの服(といっても、薄いカシミアのベストなのだが・・・笑)に着替えた。 着ていた衣服を戸外に干し、それが乾くまで誰にも会わないようにと願いながら部屋の奥で静かにハワイアンキルトの針を動かした。

 新しいピアノ曲を頂いたので、それを聞きながらハワイアンキルトを楽しむ。 ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した盲目のピアニスト・辻井信行のピアノ曲。 優しい調べの中で心地良い時間が流れました。
f0206605_235083.jpg

 明日は立秋。 しかし、明日は今日以上に気温が上がるようで、厳しい残暑がまだまだこれから続きそう。 
[PR]
by hana-poketto | 2009-08-06 23:09 | その他 | Comments(2)

ハワイアンキルトの今日の様子です

 
f0206605_2335398.jpg

 ハワイアンキルトによるバッグ作りが・・・今日ここまで進みました。 片面のアップリケが終了し、キルト芯を挟んでしつけをかけたところです。 明日から、落としキルトに入ります。

 ウルの葉と実だけでは、ウルの葉の緑の部分があまり変化なく物足りなく感じたので、葉の上にティアレの花を散らしてみました。 ちょっとかわいい感じにはなりましたが、バッグのデザインとしてはどうなんだろうか。 バッグの形になってみないと、自分でもいいのかどうかわからないです。

 もう片面のデザインはまだ考えていないのですが・・・取りあえずこの面を仕上げてからまた考えてみたいと思っています。
[PR]
by hana-poketto | 2009-08-01 23:37 | 手作り | Comments(2)

梅雨明けは・・・

 今日も雨です。 朝は太陽の光がまぶしいほどだったのに、お昼前からいきなりのザーザー雨。 日傘として持って出た傘が急きょ雨傘となりました。 ぐずついたお天気が多いこの時期は晴雨兼用傘が都合いいですね。 それにしても、今年の梅雨はいったいいつになったら明けるのでしょうか。 8月になってもまだ梅雨明けしないなんて・・・。 

 今日8月1日は、私の市の夏祭りでした。 「どんどこ祭り」と言い、健県グランドで行われます。 盆踊り、山麓太鼓、各種団体の計画したお店などなど、そして何といってもこのお夏祭りを大きく盛り上げるのが花火。 今日は雨で花火はあがるんだろうか・・・と思っていましたが、花火の時間にはしっかり雨も上がり、予定通り夜空を花火がにぎやかに彩りました。 家にいながらにしてたくさんの花火を楽しむことができました。

 花火が終わってしばらくすると、窓の外からぽつぽつと雨の落ちる音が聞こえてきました。 雨の合間を縫っての花火の打ち上げだったようです。 健民グランドに集った人たちは帰り道雨に会ったかもしれないですね。 明日もお祭りの続きがあるようです。 明日こそは晴れてほしいですね。

f0206605_2317669.jpg

 先日こぼれ種から育ったらしい花に違いないと思われる植物を鉢上げしておいたのですが、グリーンの花を咲かせるニコチアナでした。 そういえば昨年種から育てて咲かせたような気がする。 一度育てておくと、こうしてどこかで芽を出し花を咲かせてくれる植物って重宝ですね。 今年も育って花を楽しませてくれてありがとうって気持ちです。
[PR]
by hana-poketto | 2009-08-01 23:21 | その他 | Comments(0)

心地良い時間がゆっくり流れるそんな毎日にしたいな!


by hana
プロフィールを見る