<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

娘から母の日プレゼント

 娘からちょっと早い母の日プレゼントをもらいました。 今年はうんと張り込んでくれたようです。 毎日夜に使っているクリームの中身が少なくなっているのを知ってのプレゼントでした。
f0206605_18522649.jpg

 黒容器のこのクリームは、ここ数年私が愛用しているものです。 私にとっては贅沢な化粧品なのですが、でも、これ1つで1年間使えるんです。 そして、肌をとてもよい状態に保ってくれて、その結果自分の気持ちを心地よくしてくれていることを思うと・・・決して高いものではないなと思えるんです。

 箱に入れてくれるように頼んだら、箱が大き過ぎて空きがたくさんできたので、試供品をあれこれいっしょに詰めてくれたそうです。 母がいつまでも若々しくあるようにと、いつも気を遣ってくれる娘・・・うれしいことです。 ありがとう! 老けこまないように、いつも気持ちを明るく持って頑張ります!
[PR]
by hana-poketto | 2010-04-28 22:18 | その他 | Comments(4)

庭は日に日に緑に覆われていきます

 我が家のリキュウバイもようやく満開になりました。 でも、例年よりうんと花が少ないです。 気候が関係しているのかもしれません。 
f0206605_16363931.jpg

 いつ見ても清らかな花です。 この木はアトリエの裏の畑に植わっているのですが、アトリエの前面に植えてやっておけばよかったなあと残念に思っている木です。

f0206605_16465598.jpg

 こちらもアトリエの裏庭です。 バラの木の近くでは、こぼれ種から育っているボリジが今とても逞しく生育しています。 この周りにはその他、こぼれ種から育つものがいっぱいです。 イングリッシュデージーに、ウィンターパースレインがあっという間に広がって、白い花を次々と咲かせています。 こぼれ種から育って庭を賑やかにしてくれるのはホントうれしいです。
[PR]
by hana-poketto | 2010-04-26 16:55 | 庭や花 | Comments(4)

バッグが楽しい♪

 こんなバッグを作りました。 実はこれ、リサイクルなんです。 2つの信玄袋を解体し、それを合わして蓋つきのバッグに作り替えました。
f0206605_14415465.jpg

 龍の模様の信玄袋は京都に行った際に夫が気に入って買ったものですが、使っている間に底が破れてきて使えなくなっていました。 そこで、その代わりにと思って作ったのが、本体部分の小さな模様の信玄袋。 

 ところがです。 その信玄袋を持ち歩いていると教室の生徒さんにスリッパ入れと間違われてしまったそうなんです。 小学生がよくぶら下げてますよね。 そうそう、そう言われればそんな感じ。 無理もないなと納得。 そんな訳で、夫は次の日から信玄袋なるものを持たなくなり、ちゃんとしたショルダーを持つようになりました。

 それはそれでよかったのですが・・・ホント言うと、せっかく作った信玄袋が用なしになってしまって、作り手の私はちょっとがっかりでした。 が・・・何と!私の頭の中に閃いたものが!! 龍の模様の布は捨てがたい。 これを蓋にしたら素敵なポシェットに変身しはしないかと!! 
f0206605_15245978.jpg

そしてできたのが、このバッグというわけなんです。  夫はたいへん気に入った様子で、今のところ常用してくれています。

 これで気分をよくした私は、また制作意欲がわいてきて、こんなものを作り始めました。 私のだから、もちろんハワイアンキルト。 今回はショルダーに挑戦してみようと思っています。
f0206605_15255545.jpg

 エンゼルストランペットを図案にしています。 画像はアップリケが終わった本体部分です。 今はふたの部分をアップリケ中です。 本体の模様と合わせられたらいいなと、四苦八苦しながら葉を縫いつけています。 さて、うまくいくかどうか・・・。 
[PR]
by hana-poketto | 2010-04-20 15:26 | 手作り | Comments(4)

雨だったけれど

先週、石川県小松市に行ってきました。 目的は、絵画教室のみなさんとのスケッチ旅行・・・でも、絵を描かない私は付き添い役とでも言えるかな・・・日常とまた違った楽しい時間を過ごすべくついて行ってきました。

 残念ながら両日とも雨となり、スケッチはかないませんでしたが、みなさん、雨の降る木場潟にバスから降り立ち、カメラにおさめたりしながら、その景色をしっかり目に焼き付けていらっしゃいました。 雲に隠れて見えないかもと思った白山も、ほんの少しでしたが姿を現し、みなさんの心をとらえたようでした。

 この前訪れたのは12月末でしたので、4月の木場潟の景色はすっかり変わっていました。 桜や雪柳が咲き、水上に浮かぶ野鳥の群れも変わっていました。 水の色も白銀色に変わっていました。 四季それぞれよいところだなと思いました。
f0206605_1632504.jpg

f0206605_16331218.jpg

 スケッチに充てられていた時間を利用して、那谷寺や伝統工芸村ゆのくにの森 に行きました。 
f0206605_1655498.jpg

f0206605_16593260.jpg

ゆのくにの森では、沈金を体験してきました。 漆を塗ってあるお箸に、ニードルのようなもので引っ掻いて絵を描き、そこに金を沈めるといった工法です。 何を描くか迷いましたが、野ブドウを描きました。 細いお箸に絵を描くのは難しかったけれど、私だけのお箸です。 使うのがもったいないような・・・。 楽しい時間でした。
[PR]
by hana-poketto | 2010-04-19 17:05 | お出かけ・旅 | Comments(0)

やっと合格印

 今日は声楽レッスンの日でした。 朝からぽかぽか陽気の春らしいお天気で、気分も上々。 どこかで桜など見てのんびりして教室に向かおうと思い、少し早めに電車に乗りました。

 今日の奈良は観光客がいっぱい。 駅構内や駅を出てからの東向通りはいつもより賑わっていました。 外国の方もたくさん見かけました。 早めの昼食を済ませ、猿沢池の辺りまで行ってみました。
f0206605_22511717.jpg

 さすがに今日はここも人でいっぱい。 座ってのんびりできるベンチも空いていません。 仕方ないから、相変わらずのんびり昼寝中の亀さんたちをパチリし、興福寺に向かいました。

 五重塔を遠目に見てから引き返し、東向き通りでお茶でもして時間待ちをすることにし、その途中で満開の桜をパチリ。 興福寺内の三重塔がバックになっています。
f0206605_23161245.jpg

 今日の声楽レッスンは・・・そうなんです。 前回よりも、そして家での練習時よりもうまく歌えたのでした。 取り組んでいた3つのことが合格になりました。 リフレッシュしていったのがよかったのかもしれないな。 それと、移動しながら腹式呼吸の練習をしていたことも効果があったのかも。

 コールユーブンゲンは4番に、コンコーネは3番に進みました。 そして、日本歌曲は「からりこ」を、イタリア歌曲は「Sebben,crudele(たとえつれなくとも)」を練習することになりました。

 先生に「まだ十分とは言えないけれど、確実に上達しています」などと褒めて頂いたこともうれしかったけれど・・・新しい曲に移ったことが今まで以上にやる気を高め、帰宅するとすぐに、カセットに入った今日のレッスンの様子や先生からの助言を思い起こしながら、先生の伴奏曲に合わせて練習しました。 来週のレッスンがまた楽しみになってきました。 
[PR]
by hana-poketto | 2010-04-06 23:37 | 声楽 | Comments(8)

春らしい一日

 今日はコートではなく薄いジャケットを羽織って出かけましたが、途中で脱ぎました。 ようやく春らしくなったなって感じの日でした。 でも、夕方になるとやはり少し肌寒くなってきました。 まだまだ暖房は要りそうです。

 庭は日に日に緑が増えています。 これはユーフォルビア。 ユーフォルビアも種類がいろいろあり、これが何という種類だったか今はもう忘れてしまっていますが、この種類はとにかく丈夫。 あちこちに種を散らして増えています。 切りつめておいた株からはたくさん分枝してボリュームが出てきました。 今年も庭を黄色い花で賑わせてくれそうです。
f0206605_170668.jpg

 ムスカリの咲く鉢から原種チューリップの蕾が見えてきました。 そうそう、そういえば昨年秋にいっしょに植えたような・・・と、思い出しました。 このひょろりとした形から考えると・・・確かクリーム色で、花弁の裏にピンクが入ってた・・・優しい感じのチューリップです。 今回は新しいチューリップを植え込まなかったので、この原種チューリップに期待しておきましょう。 
f0206605_16594543.jpg

 室内では、今、このギンギアナムがいい香りを放っています。 まだ株は小さいので花数も少ないですが、香りは十分です。 
f0206605_171441.jpg

 多肉も花を咲かせようとしています。 初花です。 
f0206605_1732266.jpg

[PR]
by hana-poketto | 2010-04-05 17:50 | 庭や花 | Comments(2)

心地良い時間がゆっくり流れるそんな毎日にしたいな!


by hana
プロフィールを見る