<   2010年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

花が咲いた後も素敵!

 この色、素敵に思いませんか? 
f0206605_2342322.jpg

 これは、セリンセです。 花が終わり、種を結び、そしてもうその種を落とし始めているところです。

 これまで育てたセリンセでは、花後こんな色合いになっているのを見たことがありません。 銀緑色と紫色のグラデーションの美しさにハッとしてしまいました。

 こぼれ種から育っているいつものセリンセは、花を包んでいた苞の部分がこんなに青くなってないです。 だから、2つは品種が違うのかもしれないですね。  そう思って検索してみたら、このグラデーションのセリンセは、「マヨル」 という品種らしいことがわかりました。 

 花後もこんなに楽しめるきれいな花! これは種を採取しておかなければいけないぞ!と思い、今日は早速、苞を覗きこんでは実った種を採取しました。

 これで来年もこの花を見ることができそうです。 種まきは10月の上旬頃がよいようです。 すでに種がもうない苞が多いのですが、まだ残ってる種をできるだけ採取したいと思っています。
[PR]
by hana-poketto | 2010-05-30 00:13 | 庭や花 | Comments(4)

今年もミニトマトを育てています

 今回は2種類のミニトマトを鉢で育てています。 このトマトは、「ペぺ」。 かわいい名前とフルーツ感覚の甘いトマトということで選びました。 
f0206605_15232010.jpg

こちらは、「トマトベリー」  イチゴのようなかわいいハート型で、甘くて肉厚な食感を楽しめる今話題の品種ということで選びました。 糖度は通常のトマトより高く、またトマト特有の苦味や臭さがなく、甘味と酸味のバランスが絶妙なのだとか。
f0206605_1523215.jpg

 草丈も伸ばしながら黄色い小さな花を次々につけ、そして実ができ、その実もだんだんと大きくなってきました。 トマトの形に違いがはっきり出てきました。 どちらがより美味しいかな? トマト好きな私は大いに期待しています。 色づくのが楽しみです。

 私の好きな花の一つ、ゲラニウムが花盛りになってきました。 これは、一番最初に育て始めたゲラニウムです。 白くて丸い花弁がかわいいでしょ。 それにギザギザ葉っぱも優しげでしょ。
f0206605_16191749.jpg

 こちらのゲラニウムは、白い花弁に青紫色の筋がすうっと入っています。 花の数や花茎の立ち上がり、葉の切れ込みが元気いっぱいって感じでしょ。
f0206605_15241777.jpg

 カシワバアジサイも花を開き始めています。 もうじき6月ですものね。 
f0206605_1528317.jpg

[PR]
by hana-poketto | 2010-05-28 16:35 | 庭や花 | Comments(4)

関西弁もなかなかよいな

 関西にもう30年以上住んでいるのに、いまだに関西弁がうまく話せない私。 自然に口に出ることもあるけれど、どことなくぎこちない関西弁らしくて、家族に直されることもある。 使い方、アクセント、イントネーションが微妙にずれているらしいのだ。

 最近、本屋さんで何となく手にした文庫本・・・それは、田辺聖子の「お手紙下さい」 なのだが・・・表紙をめくって、まずは田辺聖子さんのプロフィールを見た。 大阪生まれ。 芥川賞など数多く受賞。 そして、文化勲章も受賞していた。 こんな方の本をまだ一度も読んだことがないなんて・・・そう思いながら、あとがきもめくってみた。 そこに書かれている文章を読んでいるうちに、田辺聖子さんの小説を是非読んでみたくなった。

 「お手紙を下さい」は一気に読み終えた。 そして今また、田辺聖子さんの小説を読んでいる。 2冊目は「春情蛸の足」  どちらも短編ばかりで読みやすく、そして、何よりも、関西弁を話す登場人物にどこかしら興味をそそられてしまうのだ。 もちろん、それを書いた田辺聖子さんの人柄も感じられて・・・そして、楽しくなってくるから面白い。

 田辺聖子さんの短編小説を次々と読んでいるうちに・・・関西弁のよさっていうのかなあ・・・それが以前よりわかってきたような気がする。 話してる人の情感や人柄、そして人生までもが標準語以上によく伝わってくるような気がするのだ。 何気ない会話にも、どこかしら人の温かさっていうか面白さっていうか、心をそそられるようなセンスっていうのかな・・・そんなのを感じるから不思議だ。

 こんなことを娘に話すと・・・ええっ、今頃?・・・って笑われてしまった。 まさに、まさにである。(笑)

 そうそう、今さっき、関西弁変換のサイトを見つけた。 実際に↑の文を入れてみた。 何か変・・・でも、まあ雰囲気はそんな感じかな~と、それを見て笑ってしまった。
[PR]
by hana-poketto | 2010-05-23 20:18 | その他 | Comments(6)

おもしろい花

 奈良町にある元興寺で見つけた花です。 
f0206605_2055333.jpg

 大きな葉の付け根から小さな葉が出ていて、その小さな葉の葉脈から下向きに花房が伸びています。 変わった花だなと思いました。 受付の方に尋ねると、この木が菩提樹であることを教えてくれました。

 へえ~、そうなんだ~・・・じゃあ、この木の下でお釈迦さまは悟りを開いたってわけだな。 そうそう・・・いず~みにそい~て、しげ~るぼだいじゅ~・・・という歌を習ったことがあるけど、この木なのかあ・・・と、初めて見る菩提樹の姿をその場面に当てはめてみたりしました。 

 調べてみると、細い葉っぱのようなものは花の一部なんだそうです。  初夏の頃から淡黄色の小さな花を咲かせるようです。 甘い香りがするその花には、 リラックス効果や鎮静作用があり、ヨーロッパではリンデンフラワーティーとして18世紀から飲用されていたようです。

 そうか~ハーブティになるのか~・・・ふと見上げた木に咲いていた花が、こんな意味のあるものだったとは・・・(そうそう、それから・・・お釈迦様が悟りを開いたのは、この木ではなくて、熱帯樹の「インド菩提樹」なのだそうです)・・・勉強になりました。
f0206605_20475727.jpg

 元興寺東入口の桜の木の下に並んだ石仏たちです。 ハルジオンや名前のわからない草花が入り乱れて咲いて何かいい雰囲気を醸し出していました。 

 菩提樹の花はもう1週間くらいしたら咲くでしょうか。 もう一度見に行かなくていけないなと思っています。
[PR]
by hana-poketto | 2010-05-18 20:59 | お出かけ・旅 | Comments(4)

大切に受け継がれていく

 知人から見せて頂きました。 これって、何だと思いますか?
f0206605_16203611.jpg

 ここに並んだ小さな作品は、手作りされた指さしなんだそうです。

 知人は私より年の大きい方ですが・・・お母様から譲られたそうです。 そのお母様は、お母様のお婆様から譲られたということですから・・・知人からすると曾祖母ということになります。

 作られたのは、その曾祖母に当たる方・・・となると・・・江戸時代に暮らしていた方ということになるのかな。 かなりの年代物ですね。

 季節の花あり、物語あり、日常の出来事あり、旅の思い出あり・・・・と、図案はバラエティーに富んでいます。 布の端切れと色糸を使って作った自分だけの指さし・・・それも、こんなにたくさん・・・きっと、毎回毎回楽しんでおられたのでしょうね。 これを作られた方の豊かな心に想いを馳せてしまいました。
[PR]
by hana-poketto | 2010-05-17 16:57 | 手作り | Comments(0)

先生の素敵な歌声が頭から離れない

 先日の声楽教室の折に、「ピアノを引きながらの声なのでよい声ではありませんが参考までに・・・」と歌って下さった「caro mio ben」を毎日のようにカセットで聴いています。

 先生ののびやかでやわらかい歌声にすっかり魅了され・・・先生のように歌えるようになれたらいいなあという思いで、毎日自主練習を欠かさない私・・・歌ってすごいですね。 先生の歌声は私に大きな力を与えてくれています。

 まだ階名を読んで音をとる段階なのに、あ~早く先生のようになめらかなイタリア語の歌詞が歌えるようになりたいな~って思うのです。 

 「caro mio ben」を日本語訳すると「愛しい女よ」となるようです。 イタリア歌曲には愛の歌が多いですね。 それも、とっても情熱的な歌なんですね。 私はどんな風に歌えるだろうか。 不安半分、楽しみ半分です。

 「caro mio ben」を検索していたら、この曲のMIDが見つかりました。 早速、HP 「田舎家の庭」のBGMをこの曲に替えました。 何だかいっそうやる気が出てきました。 頑張りたいです。

f0206605_23125169.jpg

 今日はこんなかわいい顔に出会いました。 何だか人の顔みたいでしょ。 笑っているようにも見えます。 また、上下二つの顔があるようにも見えます。 これは、胡蝶蘭のリップの部分です。 面白い造形ですよね。 自然界の造形の面白さに今日も感動です。
[PR]
by hana-poketto | 2010-05-15 23:18 | 声楽 | Comments(2)

バラが楽しい~♪

 バラの花が次々と咲いてきました。 どの子がどんな顔で咲いてるかな~と見て回るのが楽しみです。 
 この子は、オベリスクに絡めてあるピエールドロンサール。 挿し木から育ったものですが、ここに植えてもう5年は経っているかな。
f0206605_17145336.jpg

 この子も挿し木から育ったピエールドロンサール。 ようやく他のバラと背丈を並べられるほどになったので、今年地植えしました。
f0206605_17155996.jpg

 この子は、アブラハムダービー。 今年は元気いっぱいです。
f0206605_17201636.jpg

 こちらは、バタースコッチ。 この子も今年は元気が出てきたみたいで、オベリスクをふさふさに覆ってくれています。
f0206605_17224966.jpg

 ゾウムシに蕾を齧られたバラもありましたが、今年のバラは全体的に昨年よりきれいな気がします。 
 毎年のように思うのですが、バラってホント心を優雅にしてくれますね。 バラの花を見ていると・・・豊かで穏やかな気持ちになっている自分がそこにいるんですね。 バラの魔力でしょうか。 バラ色の毎日がしばらく続きそうです。
[PR]
by hana-poketto | 2010-05-13 17:36 | 庭や花 | Comments(4)

薔薇の季節

 庭の薔薇があれこれと咲き始めました。 これはフィッシャマンズフレンド。
f0206605_1519191.jpg

 これはルイ14世。 ビロードのような深い色合いがお気に入りです。
f0206605_15102193.jpg

 こちらは初開花のナニワイバラ。 真っ白い花弁に黄色の蕊が何ともきれいです。
f0206605_1525922.jpg

 こちらの薔薇は・・・何でしょう。 我が家にあるエルによく似ています。 
f0206605_1527129.jpg

 ショパンが好きな私に、息子夫婦から母の日プレゼントとして届いたものです。 ジャケットが薔薇の画像というのがまたうれしいですね。 早々アトリエで静かにショパンの曲に包まれました。 ありがと!

 曲・・・そうそう、発表会で歌う曲が昨日決まりました。 日本歌曲から「この道」 イタリア歌曲から「Caro mio ben」 の2曲です。 ビギナーの私も発表会に???と思いましたが・・・先生の勧めで歌うこととなりました。 発表会は8月です。 これからの3カ月はこの2曲を中心に猛練習かな。 好きな曲なので頑張りたいです。
[PR]
by hana-poketto | 2010-05-12 16:05 | 庭や花 | Comments(2)

知らなかったな

 私たちの市にこんな街並みがあることを初めて知りました。
f0206605_21485193.jpg

 同じ市にあるとは思えないほど、自然いっぱいの中に整備された街並みに、少々驚きました。 田舎暮らしを望む人向けに開発された住宅地のようです。

 どの家も、自然を生かした造作になっていて、その良さを楽しんでいる様子が伝わってきました。 畑があったり、木からブランコがぶら下がっていたり、薪が積んであったり・・・山続きの庭を上り下りする子どもの姿も見ました。
f0206605_21583524.jpg
 
f0206605_2159083.jpg

 緑が多く、静かで、日当たりもよく、土地も広くて変化に富み、環境としてはよいところだなって羨ましく思う反面・・・でも、買い物に行ったり、通学したり、病院に行ったりするのが大変だな・・・とも思いました。 みなさん、当然車を利用した生活になってるんでしょうね。 ガレージにある車の数が物語っていました。 

 夫がスケッチしている間、少し歩いてみました。 クリニックを併設するライフサポートセンターのような建物もありました。 そうだよな、身近にそういう場所は必要だよなって思いました。 そうそう、陶芸教室という看板を掲げた家もありましたね。

 私が住んでる地域も田舎だけれど、便利さは都会並みかなって夫と二人笑って話しました。 でも、ここの地域は新しく開発された住宅地だけに、洗練された田舎って感じで、どこか外国の片田舎に来たような・・・そんな雰囲気がありましたね。
[PR]
by hana-poketto | 2010-05-01 22:48 | お出かけ・旅 | Comments(4)

心地良い時間がゆっくり流れるそんな毎日にしたいな!


by hana
プロフィールを見る