あと数時間で2011年

2010年もあと2時間ほどとなりました。
年越し蕎麦も早めに頂いて、テレビを見ながらのんびりと行く年を過ごしています。
テレビを見ながら笑い声を上げている家族。 笑顔で年が越せることに感謝です。
来年もよき年でありますように~!!

ブログを読んでくださっているみなさまも
どうぞよい年をお迎え下さいますように。

こちら奈良は昨夜から雪となり、今日も一日雪が舞いました。
寒いお正月になりそうです。
f0206605_22234251.jpg

[PR]
by hana-poketto | 2010-12-31 22:24 | その他 | Comments(2)

今年もあと一日

明日は大晦日・・・明日が過ぎれば新年・2011年。
大掃除もしないことに決め、お節料理も作らなくてよくなった今年は
いつもになくのんびりです。 旅行にも行ってきました。

早く過ぎ去った今年・2010年。 気がついたら年末と言った感じがします。
この2010年は、新しいことも経験したし、楽しいことやうれしいことがたくさんありました。
そして、こうして笑顔で元気に2010年が締めくくれることに感謝しています。
f0206605_0274487.jpg

気になっていたアトリエの砂利庭も少し改造できたし
手作り作品もあれこれ楽しめたし
思いもかけぬ声楽の発表会も体験したし
ドライフラワーの作品展もすることができました。
北陸や高知への旅も楽しかったかな。
そして、何といっても・・・
初孫が誕生し、おばあちゃんになったことが新しい出来事かな。

編んでいたボレロも年内に完成しました。
f0206605_0205992.jpg

改造した花壇の写真も撮ったので、一部ですが記録として載せておきます。
f0206605_0223017.jpg

f0206605_141953.jpg

f0206605_0232434.jpg

[PR]
by hana-poketto | 2010-12-31 00:02 | その他 | Comments(2)

平城山

次から、「平城山」という日本歌曲を練習することになりました。
平城山という山は、私の住む奈良県にある山なんです。
知らない人は、へいじょうやま・・・と読んでしまいそうですが、「ならやま」と読みます。

この歌曲は、歌人・北見志保子の短歌を二首選んで、平井康三郎が曲をつけたものです。
 
    人恋うは 哀しきものと 平城山に もとおり来つつ 堪えがたかりき

    古も つま(夫)に恋つつ 越えしとう 平城山の路に 涙落としぬ

    ※ 人を恋することは哀しいものです。
       平城山をさまよってきたけれど、やっぱり堪えがたいです。

    ※ 昔にも夫を恋しく思いながら平城山を越えた女性がいますが
       その平城山の道で私も涙が出てしまいました。

ゆったりとして静かで美しい曲なんですが、歌詞を読むと・・・切なく哀しい恋の歌なんです。

平城京・大極殿の北に連なる低い丘が、万葉の昔から「平城山」と呼ばれたところです。
大小の前方後円墳が集まっているうっそうとした森です。
その中の前方後円墳「磐之媛命平城坂上陵」は、仁徳天皇の皇后の磐之媛の墓と言われています。

↑の歌に出てくる平城山を越えた昔の女性というのが、この磐之媛のことです。
仁徳天皇が浮気をしたことを知り、嫉妬のあまり家出し平城山を越えて知人宅に籠り
仁徳天皇のいる難波宮に帰ることはなかったようです。

歌人・北見志保子は、自分のなさぬ恋を、古の天上人の恋になぞらえてこの歌を詠んだようです。
(夫がいる身でありながら夫の弟子と恋に落ち、恋人はフランスに留学させられてしまう)

奈良に住む者として、この「平城山」の歌をうまく歌えるようになりたいなと思っていますが・・・
なかなか難しい・・・2人の女性の心の内を想いながら歌えるかどうか・・・
f0206605_23483024.jpg

[PR]
by hana-poketto | 2010-12-19 00:04 | 声楽 | Comments(4)

ゲンペイソウ

ゲンペイカズラとも、ゲンペイクサギとも言われているこの花
f0206605_15305492.jpg

花弁のような白いがくの中から、赤い丸いものが飛び出してきたなと思っていたら
こんなかわいい花を開いたのです。 とてもかわいいでしょ!

寒さに弱いらしいので部屋の中に置いているのですが
部屋に入ってこの花が目に入るたびに、かわいい! かわいい花!
って、声を上げてしまいます。
何かね、私には、このお花がこちらを向いて語りかけているように見えるのです。
いらっしゃい~! ねえ、見て、かわいいでしょ! 気持ちいいね~!!
っていう風に、語っているように。

花期は5~9月らしいのだけど、この12月でこんな感じなんです。
まだ咲き始めたばかりで、蕾の方が多いです。
5月に咲く花が6か月早く見れてるってことかな?
じゃあ、温室で管理されてた花なのかなぁ・・・



 
[PR]
by hana-poketto | 2010-12-13 15:55 | 庭や花 | Comments(4)

久しぶりに筋肉痛

一昨日・昨日・今日と3日間続けて、庭仕事をしました。
砂利を敷いてる箇所を花壇にしようというのですから・・・ホントに重労働でした。
土と混じって硬く締まっている砂利土が、もう硬くて硬くて・・・刃がたたない。
鍬の刃が小石に当たって火花が出てました。

新たに花壇にしようとする範囲は狭いのだけれど、砂利の深さは30㎝以上。
半ば意地になってやってましたが・・・半分くらい掘り上げたところで長い休憩。
後は、お昼休みの休憩時に助っ人が掘り上げてくれました。

煉瓦を敷き直して牛糞や用土を入れ、鉢に植わってる植物を地植えしました。
何をどこに植えてやるか・・・草丈や全体の雰囲気を考えながら植えました。
バラの間にあれこれと置いていた鉢がうんと減りました。
以前よりすっきりとまとまりました。 
きれいになった庭を眺めてばかりです。 やってよかった~♪ 

1か所が済むと、他の場所もやりたくなりますね。
それで、3日間の作業になりました。 3か所が改造できました。
煉瓦はあるもので補えたけれど、土は新しく20袋も使いました。
こんな大掛かりな庭仕事は何年ぶりかな。
ホントに久々の庭いじりでした。

そうそう・・・
切りつめておいた茎から芽が出て生育していたミニトマト・・・
日当たりのよい場所に移動して見守っていたのですが
ようやく実が赤く色づいてきました。
f0206605_2213432.jpg

寒い中、ここまでよく頑張りました。
葉が少し茶色くなってきています。 
全部の実が赤くなるのはとうてい無理。
色づいた実だけ収穫して土に帰ってもらおうと思っています。
[PR]
by hana-poketto | 2010-12-10 22:04 | 庭や花 | Comments(4)

これが、フェイジョア・ジャムです。 とっても簡単にできちゃいました。
f0206605_21593048.jpg

収穫してから、今か今かと食べ頃を待っていましたが・・・
切った中身はゼリー状と言える感じじゃないし・・・
落下して傷ついた箇所が茶色くなってきたし・・・
でも、カリンのような甘い香りがだんだんと濃厚になってきていました。

腐ってしまわないうちにジャムにしなければ・・・
そんな訳で、今日は思い立ってジャム作りに取りかかりました。

フェイジョアの皮を剥いて1cmの厚さに輪切りし
白ワインと水を入れてグツグツと柔らかくなるまで煮込みました。
途中、砂糖と蜂蜜とほんの少し塩を入れて味付けをしました。

種を取る必要がないので、とっても簡単にできました。
酸味のきいた甘い香りのジャムが出来上がりました。
[PR]
by hana-poketto | 2010-12-04 22:32 | 手作り | Comments(6)

花・hana 展

今日は、ドライフラワー・リースの作品搬入の日でした。
作品展の会場は、銀行のロビーです。
毎年、年末のこの時期に、この銀行で展示をさせて頂いています。
今回で4回めになります。 作品展の名前は、毎回 「花・hana 展」です。
銀行に来られるお客さんが楽しみにされているということを聞き
今年も喜んで協力させて頂きました。

今年の展示作品の数は、17点。
今回はパネルでの展示だけにしました。
ミモザアカシア、ヒバ、ゲッケイジュなどの葉を土台にした緑系のリースを多く展示しました。

展示が終わると、銀行内がうんと明るく華やかになりました。
銀行の方たちも喜んで下さいました。
リースが展示されると、仕事をしていてもお花の香りが感じられるのだそうです。

自分が楽しんで作ったものが、他の方々にも楽しんで頂けるなんて、うれしいことです。
こんな素敵な機会が頂けることに、ホントにホントに感謝です。
f0206605_22562718.jpg

[PR]
by hana-poketto | 2010-12-02 22:09 | Comments(6)

心地良い時間がゆっくり流れるそんな毎日にしたいな!