<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

きれいな紅葉に

f0206605_23371754.jpg
これは、確かハツユキカズラでしたよね。

頂き物のお花籠に入っていたもので
頂いてから2年くらいになるかな?

ビニールポットに入った状態だったのだけど
植える場所が決まらず、取りあえずここに・・・
と、ハゴロモジャスミンの鉢で居候住まい。

それ程可愛がられることもなく、そのまま
つい最近まで居候住まいは続いていました。
でも、この秋から見る目が変わりましたよ。 

この紅葉した葉の可愛いこと!
もっといい雰囲気に育てられそうだわ!
・・・ということになり
やっと居候生活から解放されました。

カチカチになっていた土から掘り上げると、自然に3つに分かれました。
f0206605_2313569.jpg

こんな感じの鉢が3つできました。
さりげなくどこかに置く感じで楽しみたいなと思っています。
春にはこの色ではなくなるけれども、ボリュームはアップするかな。
来年の秋はどんな姿になってるかな。
[PR]
by hana-poketto | 2011-10-28 23:31 | 庭や花 | Comments(4)

忘れていた花

今年もまた、ドライフラワー作品の展示の依頼がきました。

今年はあまり作品を作っていないので、どうしようかと迷いましたが・・・
”銀行に来られるみなさんが楽しみにしているのでお願いします”と言われ・・・
”みなさんに喜んで頂けるのであれば・・・”と、あっさり引きうけてしまいました。

11月末には作品が揃い、搬入できるかなと言いながらも
気持ち的には・・・何だかやっぱりせわしく感じられて・・・
あ~断ることもできただろうに・・・と、ちょっぴり後悔の気持ちありかな。
でも、引き受けたからには自分自身も楽しめる作品展にしたいなと思います。

花材は、現在あるもので行こうと考えながら・・・花材をチェック。
そして、今日はこんな花材があることに気づきました。
f0206605_21584615.jpg

シリカゲルに埋まったままになっていたクリスマスローズの花です。
今年咲いたクリスマスローズの花のようで、3つの缶にびっしり埋まってました。
忘れてしまうほど、シリカゲルに埋めていたので、色がとてもきれいです。

明日はさっそく、この花を使って作品を作ろうと思っています。
シックな色合いの花なので、暗過ぎず、優しい感じの作品に仕上げたいな。
[PR]
by hana-poketto | 2011-10-27 22:28 | 手作り | Comments(6)

シンプルに

アナベルだけで作っておいた小さなリースに
剪定したばかりのフレッシュなオリーブの葉を差し込んでみました。
こういうのもシンプルでかわいいかな。
f0206605_647499.jpg

以前作ったラフィアブレードの作品が少し痛んできていたので
古い素材を全部取り除いて、新しくアレンジしてみました。
模造のリンゴやナンキンハゼの実は再利用しました。
ドライしておいたキンポウジュの葉やアイの花などを添え
新しいリボンを結ぶと、また一つかわいい作品が完成です。
f0206605_6501861.jpg

[PR]
by hana-poketto | 2011-10-23 06:56 | 手作り | Comments(5)

カムフラージュ?

f0206605_21433486.jpg

↑の画像の真中辺りに幼虫がいるのがわかりますか。

この木は、梅の木なのですが・・・
葉にしがみついた様が、まるで1枚の葉っぱのように見えませんか。
身体の斜め線が、葉脈と見間違えるかのようです。

この幼虫・・・少し前は緑色をして葉っぱを齧ってました。
それが、しばらくすると黄色に変わっていました。

木の葉が黄色く色づいて来たからかなと思いました。
だんだんと葉が落ちて、葉の数も少なくなっていましたから
身を守るための変身術なのではないかと・・・

でも、こうも考えました。
黄色くなったってことは・・・もうじき蛹になるってことかも・・・

今日はどうしてるかな?と目を皿のようにして探しましたが
今日は見つけることができませんでした。

どこかで蛹になってるかも?とじっくり探したのですが
やっぱり見つけることができませんでした。

どこかへ移動したのでしょうか。
もしかしたら土の中に?

土を掘ると、蛹が出てくることがありますものね。
多分そうだろうなあ。
f0206605_22191512.jpg

この花はダルマ菊だったでしょうか。
1輪ですが、開花しそうになっています。
ぎゅうぎゅう詰めになっていたのを今年は2鉢に分割したので
この秋は2鉢で楽しむことができそうです。

ビロードのような葉に薄紫色の花・・・好きな花の一つです。
こうして1輪だけ咲く姿もいいなあ。
[PR]
by hana-poketto | 2011-10-21 22:25 | 庭や花 | Comments(4)

ゆったりした心地よい歌曲

「 Ombra mai fu 」 と言う曲を次から練習します。
階名読みしておくことが宿題になっていたのですが
階名で歌ってるうちに歌詞も覚えてしまいました。

旋律がすごく伸びやかできれいなんです。
歌わずにはおれないくらい魅了されてしまいました。

詩は、木陰への愛を歌ったものなのですが

  Ombra mai fù      こんな木陰は 今まで決してなかった
  di vegetabile,      緑の木陰
  cara ed amabile,    親しく、そして愛らしい、
  soave più         よりやさしい木陰は

「こんなに 愛しく 愛らしい 気持ちのよい 木陰は 今までになかった」
っていう、たったそれだけの短い詩で、それが繰り返されるだけの歌なのですが
でも、そのプラタナスの木陰の優しさや気持ちよさがものすごく感じられるんです。
身体の中を爽やかな風が通り抜けていくような心地よさを感じるのです。

へンデルの作曲したオペラの中に出てくるアリア(独唱曲)のようですが
私はこのヘンデルの曲がとっても気に入ってしまい、頭から離れません。
この曲が始終頭の中を巡って、ついつい口ずさんでしまうほどです。

お時間がある方は、一度ここ★で聴いてみて下さいね。
オペラの曲なので、アリア(独唱曲)に入る前に Recitativo (朗唱)の曲が入ってます。 
f0206605_014692.jpg

先生のピアノ伴奏に合わせてこの歌が歌えると思うとちょっとワクワクです。
[PR]
by hana-poketto | 2011-10-18 00:02 | 声楽 | Comments(2)

愛すべき花

えっ、そんなところで咲いてくれたの?
こぼれ種から発芽して生育したらしい細身のサルビア・コクネシア。
地面から斜め横に倒れ、そこから上に向かって伸びて咲いてます。
強い風が吹けば地面に倒れてしまいそうな花姿だけれど
この優しげな花色が、私は好きです。
好きだったら種まきしてたくさん咲かせればいいのだろうけれど・・・
こうして毎年どこかで健気に咲いてくれる・・・
っていうのが、私は好きなのかもしれないな。(笑)
f0206605_14334866.jpg

空いた小さな鉢にちょこっと枝を差しておいたモミジバゼラニウム。
今日見たら、オレンジのかわいい花を咲かせています。
親株の方はずいぶん前に枯れてしまったのだけれど
折れた枝をちょこんと差しておいたものが生きててくれました。
こんなに小さいのに、花を咲かせてくれて・・・
だから、だから、かわいく思うんですね。
f0206605_1434853.jpg

立派には花を育てられないけれど
力を入れて花を育てることはできないけれど
自分と一緒に過ごす中で、こうして自分なりの花を咲かせてくれる
そんな花たちがホント愛おしいです。
こうして日々、私をほっこりした気持ちにしてくれる花たち
お花と触れあえる時間が持てることに感謝しながら・・・
[PR]
by hana-poketto | 2011-10-17 15:10 | 庭や花 | Comments(6)

秋も深まりゆく

十月も早半ば・・・日にちが過ぎるのがホントに早いです。
1週間があっという間に過ぎ去っていて驚きます。

黒葉ネムノキの下では、野生菊のヨメナが乱れ咲いてます。
ネムノキを植える時に施した肥料が今年は効いたのでしょうね。
今まではお邪魔扱いされてた野生菊だけど
今年は秋をいっぱい感じさせてくれていい感じです。
f0206605_20525159.jpg

こちらは、生育がすごくゆっくりなブルーベリーの木ですが
葉っぱが真っ赤になりました。 
紅葉は秋の深まりを感じさせてくれていいですね。 
f0206605_20532560.jpg

バラも開花は少しですが、しっとりと咲いてて・・・秋のバラは落ち着いて見れますね。
黄色いバラは、ゴールデン・エンブレム。
f0206605_219631.jpg

アプリコットのバラは、エル。
f0206605_2110428.jpg

雨降りが長く続いています。 
もう止んでくれてもいいのにと思うほどよく降ってます。

先日急に思いついて、色褪せてきていた板塀を塗り直しました。
青のペンキに赤を少し加えて、渋系のブルーにしました。 
前よりも少し濃い感じの板塀に仕上がりました。
ここに絡ませてあるクレマチスも何とそのままでペンキ塗りをしたズボラな私(笑)
ちょっと蔓にペンキがついてます。 ごめんなさい。 枯れないでね。
でも、ペンキ塗りを済ませたら雨です。 いいタイミングだったかな。
f0206605_21262174.jpg

[PR]
by hana-poketto | 2011-10-15 21:32 | 庭や花 | Comments(2)

白い花

秋になったせいでしょうか。
白い花が特に瑞々しく美しく感じます。

雨が上がった後の宿根アネモネです。
春と秋の2回もかわいい花を見せてくれるお利口さんです。
私にとっては満点の花です。
f0206605_208206.jpg

こちらは白花ホトトギスです。
毎年こんなずんぐりむっくりした花姿なんですよ。
もう少しすらっとした感じに花が咲かないものかしらと少々不服です。
f0206605_20204552.jpg

3年くらい前に知人から頂いた白花ヒガンバナです。
芽が出るのがとても遅かったので、駄目にしたかなと冷や冷やしました。
赤やピンクのヒガンバナが終った今ごろの開花ですが、とてもきれいに花開きました。
全くの白ではなく黄みがかっていますが、でもこのくらいが優しげでいいかなと満点です。
f0206605_20253292.jpg

こちらは、先日園芸店を訪れた際に衝動買いしてしまった白花ダンギクです。
ねっ、きれいでしょ! この真っ白な花が目に入ったときハッとしました。
この白さがたまりません。 今年見つけた満点の花です。
f0206605_20281852.jpg

[PR]
by hana-poketto | 2011-10-06 20:39 | 庭や花 | Comments(8)

今日は不調

今日火曜日は声楽のレッスン日でした。
体調不良はあまり感じていなかったのだけど
駅売店の横を通るときに、やっぱり飲んでおこうかと言う気になり
栄養ドリンク剤を買ってその場で飲み、奈良行きの電車に乗りました。

今日の喉の調子を先生から尋ねられ、「まずまずです」と答えたものの
声を出してみると、何かしら今日の声は滑らかさがありません。
先生の指示に従ってボイストレーニングはいつも通り進みましたが
やはり、「今日はいつもより声が固い」と先生に言われてしまいました。

機械ではないからいつも同じような声とはいかないけれど・・・
とも言われましたが・・・
声楽をやるからには、体調には気をつけないといけない
と前々から言われていたこと・・・

ボイストレーニングの後、コーリューブンゲンとコンコーネ
そしてその後、2曲の課題曲を練習
レッスンが終わったときの顔には疲れがありありと出てました。

「普通の生活をしている分には問題ないけれど、歌ってみるとわかるでしょ」
と先生のお言葉・・・やっぱり体調不備だったようです。

日によって、満足行く声が出なかったり、リズムがうまくとれなかったり・・・
家での練習時にスラスラと歌えていても、レッスン日には歌えなかったり・・・
そんな時はホントにくやしいし、帰りには不発弾を抱えたような気分になってます。(笑)

単なる趣味なんだけど・・・でも、やっぱり満足な気持ちに包まれたい。
こう思うのは当たり前のことで、誰でもそう思うんですよね。
だからまた、練習を積み重ねたり、体調管理に気をつけるんですよね。

今日は喉を冷やさないように何か巻いて寝よう。
昨晩は珍しく0時を回って寝床についた・・・このことも原因だな。
f0206605_1715114.jpg

これは、ベゴニア・サザランディーだったかな?
涼しくなってから葉が茂ってきました。
今日は1輪花を開いていました。

9月の庭を更新しています。 お時間がありましたら、こちら から入って見て下さいね。
[PR]
by hana-poketto | 2011-10-04 18:40 | 声楽 | Comments(6)

1泊2日の旅

f0206605_20591927.jpg

知多半島の南にある内海に宿泊し
奈良では見ることのできないこんな素敵な海の景色に浸ってきました。

主な目的は、南知多は美浜緑苑にある 「杉本健吉美術館」 の見学でしたが
海の景色や新鮮な海の幸もちゃんと目的に入っていましたよ。

湾の中とは言え、外海は太平洋ですものね。
瀬戸内海とは違って、波はかなり荒かったですね。

夕食は海の幸が食べ切れないほどでした。
伊勢海老、鯛、蛸がこれでもかと言うほど出てきて・・・
いくら料理法が違っても全部は食べれなかったですね。
粗食に慣れた胃は全部を収めきれなかったのでした。(笑)

そうそう、杉本健吉についても少し触れておかなくては・・・
杉本健吉は、明治38年名古屋生まれ。
でも、奈良とは縁の深い方です。

京都で岸田劉生の門下生となった後
鉄道関係の観光ポスターを作る仕事に従事。
昭和15年頃から大和の風物に魅せられ、奈良通いを始める。

そして、東大寺観音院の住職に才能を認められたのでしょうか。
観音院の古い土蔵をアトリエにしてもらい
そこで奈良の風物を描いていたようなんですね。
奈良では、志賀直哉や入江泰吉らとも交流があったようですね。

今回の旅もゆったりと時間が過ぎていきましたが
行き帰りの乗車時間が長いとさすがに疲れますね。
前日ご馳走を食べたのだからと、夕飯は手抜きに。
お土産に買って帰ったおジャコや貝の佃煮で簡単に。(笑)
f0206605_22421039.jpg

[PR]
by hana-poketto | 2011-10-02 21:59 | お出かけ・旅 | Comments(6)

心地良い時間がゆっくり流れるそんな毎日にしたいな!


by hana
プロフィールを見る