<   2015年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

香る

梅雨の庭では香りを放つハーブが元気に花を咲かせてくれています。

f0206605_54049100.jpg

この花は、サスビア・ガラ二ティカ。
ガーデニングを始めた頃に我が家にやってきた一番乗りのハーブです。
この濃い青紫の花色に惹かれたのでした。
今はアトリエの庭でも育っています。
メドーセージとも呼ばれてますが、それは日本での呼ばれ方のようですね。


f0206605_5411371.jpg

こちらは、モナルダ。 
ベルガモットとも呼ばれてますね。
ずっと、紅茶のアールグレーの香り付けにされてる花と思ってましたが
その香り付けにされてるのは、柑橘類のベルガモット(オレンジ)なんですよね。
その香りに似てるから、ベルガモットと呼ばれてるらしいので
この花は、モナルダと呼んでおくのがいいかなと思ってます。
花色は・・・赤、ピンク、白、赤紫(ピンク以外は頂いたものです)
我が家の庭で今一番旺盛に咲いてるのは、この赤紫色のモナルダです。
草丈がけっこうありますが、しっかりと立って咲く草姿が好きです。
それに、花の形が他の花色のものよりも美しいなと感じています
アトリエを訪れるみなさんの注目の花となっています。
白花も今4カ所で育っていますが、まだ少し頼りなさげな花姿です。
昨年頂いて、今年春に庭植えしたのでたくましい草姿になるのはこれからかな。
白花モナルダの写真、また後日載せたいと思います。
[PR]
by hana-poketto | 2015-06-29 06:46 | 庭や花 | Comments(2)

新入り

カラーというと・・・すぐに清楚な白い花が頭に浮かびますが
先日、ホームセンターの園芸コーナーに立ち寄った際に
とてもシックで大人っぽいカラーの花を見つけました。

花色も、くるっと巻いた花弁も、すくっと伸びた草姿も
今まで見たカラーとは少し違って、とても魅力的でした。
名前は・・・プレミアムカラー・ピカソ と記されていました。

黒花好きは今も変わらない私・・・黒い花色のが気に入りました。
もう1種、クリーム色の中心がくすんだピンクの花もありました。 
黒花だけより、2つを一緒に寄せ植えた方が黒花が映えるかなと思い
両方の花を1ポットずつ買うことにしました。
洋風な白っぽい大鉢も一緒に買いました。

植わっていたポットの土がカラカラになっていたせいか
新しい土に植えて水をたっぷりやると、花茎がしんなりして立ち姿が悪くなり
鉢の四隅に支柱を立てて麻ひもで囲って安定させました。

f0206605_1642716.jpg

晴続きの日はピンと立っていましたが、連日の雨ではやはり支えが必要に。
丈夫で育てやすい品種のようですが、乾燥気味に育てるのがいいのでしょうね。
梅雨期の雨が少しは避けられる場所に移動した方がいいのかもしれないな。
[PR]
by hana-poketto | 2015-06-19 17:36 | 庭や花 | Comments(4)

茅葺き

先日訪れた法華寺。
菩提樹の花はほんの一部で、他に見所はたくさんあるんですよ。
でも、今回は、本堂裏にあった茅葺の民家が目に留まったので
そのことを記します。

f0206605_1825848.jpg


f0206605_18253860.jpg


f0206605_18252472.jpg

奈良県の文化財に指定されていて、光月亭という名前がついていました。
でも、なぜお寺にこんな茅葺屋根の民家があるの?
それに、なぜ光月亭という名前に? と不思議に思いました。

この建物は、梅の名所で知られる「月ヶ瀬村」にあった江戸時代の庄屋宅
を移築再建したものだそうです。
つまり、民家の住宅を知る貴重な遺構なんですね。

現在は、お寺の客間として、法事や総代会、茶室の控えなどとして
使われているということでした。

簡素で深い寄せ棟葺き下ろしの茅葺き屋根、どっしり落ち着いた佇まい。
こんな大昔の家には住んだことのない昭和人なのに
何かしら懐かしさを覚えました。不思議ですね。

総国分尼寺だった法華寺で、こうした民家が保存活用されていることに
また意味があるのかもしれないなと思ったりしました。
[PR]
by hana-poketto | 2015-06-11 19:31 | その他 | Comments(4)

菩提樹の花

  泉に沿いて 繁る菩提樹
  慕い行きては うまし夢見つ
  幹には彫りぬ ゆかし言葉
  うれし悲しに 訪いしそのかげ 

シューベルトのこの曲は、子どもの頃に習った歌ですよね。
その時は、歌詞の意味をほんの少ししか理解していませんでした。
でも、ゆったりしたこのメロディーはすごく好きでした。
菩提樹ってどんな樹なんだろう。 どんな風に茂ってるんだろう。
きれいな水辺に茂る美しい静かな情景を思い描いたりしてました。

数年前、奈良市の元興寺で、初めて菩提樹の花を見ました。
木がまだ若かったせいか、あ〜これが菩提樹の花か〜・・・
そのときは、花だけに気をとられていました。

でも、今回、樹齢100年以上という菩提樹を目前にし感動しました。
菩提樹って、やっぱり、こんなに大きく枝を広げる樹だったんですね。

f0206605_17433577.jpg

甘い花の香りが辺り一面に広がっていました。
お釈迦様は菩提樹の下で悟りを開いたとされていますが
この樹の下に静かに座っていると、体をすり抜けていく風も心地よく
心が次第に澄み切って行くようにも感じました。
後で調べてみると、菩提樹の花には、鎮静作用や安眠効果があるそうですね。
疲労回復や神経性の頭痛にも効果があるようです。

f0206605_17494168.jpg

この菩提樹は、奈良市にある法華寺の本堂左脇に植わっています。
法華寺は、聖武天皇の皇后である光明皇后が建てた格式高いお寺です。
東大寺は総国分寺、法華寺は総国分尼寺でしたね。

そうそう、今回特記すべきことがもう一つあります。
実は・・・本当は内緒にしておきたいところなのですが・・・
菩提樹の下に芽生えていた菩提樹の赤ちゃんらしき苗(2㎝くらいかな)
を見つけたのです。 これはお導きかも♪と頂くことにしました。
そっと優しく抜き、濡れティッシュに包んで大事に持ち帰りました。
早々ポットに植えたのですが、うまく育ってくれるといいな。
どうぞ本当に菩提樹の赤ちゃん苗でありますように。
[PR]
by hana-poketto | 2015-06-08 21:04 | お出かけ・旅 | Comments(2)

クレマチス

クレマチスは、私の好きな花の一つです。
何種類か育てているのですが、なかなかうまくは育てられないです。
誘引は自己流だし、花盛りにすることができず、いつもチラホラ咲きです。
肥料も不足しているのかもしれないです。

↓のクレマチスは、鉢で育てている「ユーリ」です。
このクレマチスはとても丈夫で、次々と絶え間なく花を咲かせてくれます。
花の大きさも程よいし、プロペラのような花弁がかわいいです。
半つる性で枝が絡まないので誘引も楽です。
このクレマチスは、私向きです。

f0206605_2322996.jpg

今は、咲いた後の果球の方が多くなっていますが
このクルクルした果球もまた可愛らしくていいです。

f0206605_22225089.jpg


↓は、今年初めて花を見せてくれたクレマチスです。
名前は「クリスパ」だったと思います。
1昨年だったかな、娘がプレゼントしてくれたものです。

f0206605_232729.jpg

花が小さく色合いも柔らかです。花だけでなく茎や葉も優しげです。
ずいぶん前に挿し木したものを頂いたクリスパもあるのですが
それとは少し雰囲気が違います。クリスパにもいろいろあるのかな?
[PR]
by hana-poketto | 2015-06-04 22:36 | 庭や花 | Comments(2)

発表会まであと10回

今日は声楽のレッスン日でした。
ボイストレーニングを始める前に
「あと10回かな〜」と先生の声。
「えっ、それだけですか?」って、思わず驚きの声を出してしまいました。
まだまだある。まだ6月に入ったばかりだし・・・と思っていたのに
レッスンの回数にしたら、あと10回なんだ〜
これはちょっとのんびりしてられないなと思いました。
今年の発表会は、8月16日なんです。

f0206605_1746963.jpg


今年発表する曲は
・ 清水重道 作詞 信時潔 作曲 組曲「沙羅」から「北秋の」
・ モーツァルト作曲 オペラ「Cosi fan tutte」から「Arie der Despina」
の2曲です。
練習も徐々に進んでいて、次からは楽譜なしで歌うのが課題になっています。
暗譜して歌うと全体が見えてくるので
これらの曲をどう表現するかが新しい課題になります。
これからいっそうの努力が必要になるかな。
少しでも自分なりの表現ができるように、弱音を吐かず頑張りたいと思っています。

「北秋の」は、重くならないように、可愛く
「Arie der Despina」は、軽快に、そして力強く
まずは、これをもう少しすんなりとできるようにしなければ・・・
[PR]
by hana-poketto | 2015-06-02 17:47 | 声楽 | Comments(2)

モーニングコール

ホ〜ホケキョ♪ ホ〜ホケキョ♪
今朝もまた美しい声に目覚めました。

今年は毎朝のようにウグイスが近くで鳴いてくれています。
お向かいさんの庭の方から聞こえてくることもあるし
我が家の庭で鳴いてることもあります。
2階からそうっと窓を開けて探してみますが
その姿はなかなか見ることはできません。

でも、昨日ついに姿をとらえることができました。
我が家の庭から聞こえていた美しい声が、南の方に移動。
南の高いところで聞こえてきました。
急いで、南の部屋の窓から覗いてみると
何と、電線に止まって鳴いているのです。

ウグイスの姿を見たのは初めてです。
ホ〜ホケキョと体を揺らして鳴いていました。
体の向きをかえながら鳴いているその姿は
love callしてるように見えました。
きっと近くに相方がいるんでしょうね。
初めの頃の鳴き方と違って、今はうんと美しい鳴き声。

私にとっては、毎朝の美しいモーニングコール。
ちょっと贅沢。この贅沢はいつまで続くかな。

f0206605_731290.jpg

[PR]
by hana-poketto | 2015-06-02 07:03 | その他 | Comments(0)

心地良い時間がゆっくり流れるそんな毎日にしたいな!