<   2015年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

明日から10月

9月も終わりました。すっかり秋ですね。
ポツポツと咲いてきたバラも、青空の下で気持ち良さそうです。
つるバラのマダム・アルフレッド・キャリエールです。
白っぽいピンクの花がしっとり優しげです。
青空に向かって伸びたしなやかな枝に咲く花
秋がよく似合ってるな〜って思い、青空バックにパチリしました。
f0206605_20305261.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今咲いている白い花を幾つか紹介します。
開花し始めたホトトギスです。
f0206605_20404612.jpg

カタバミです。
f0206605_2041109.jpg

斑入り葉のスーパーアリッサム・フロスティーナイトです。
f0206605_204953.jpg

銅葉のユーパトリウム・チョコラータです。
f0206605_20391885.jpg

白萩は落花が始まって花が少なくなってきました。
f0206605_2049234.jpg

この他にも、ガーデンハイビスカスやムクゲの白花がまだ咲いてくれていて
夏の名残を感じさせてくれてます。
澄み切った秋の空気の中で咲く白い花は、一段と美しく感じますね。
[PR]
by hana-poketto | 2015-09-30 21:24 | 庭や花 | Comments(0)

別れ

先日、叔父が旅立ちました。
帽子をかぶり穏やかに笑っている遺影の叔父
その下で眠る叔父の顔も命を全うしたという安らかな顔でした。

肺がんとわかって3ヶ月・・・入院したり、退院したり・・・
その間どんな思いで日々を過ごしていただろうか・・・
手術はしない。このまま命を全うしたい。
それが叔父の希望だったということを聞きました。
その強い覚悟に至るまでは、きっと自問自答があっただろうなあ。
いつかは必ずやってくる命の終わり・・・どう向き合うべきか・・・

お坊さんの上げて下さってる荘厳なお経を聞きながら
叔父の在りし日の姿を思い浮かべたり、残る叔母のことを思ったり
叔父の姉にあたる我が家の義母のことを考えたりしていると・・・
ふと、お経の節が耳に止まりました。

・・・・。まかもくけんれん。 まかかしょう。まかかせんねん。
まかくちら。 りはた。 しゅうりはんだが。なんだ。あなんだ。
らごら。 きょうぼんはだい。 びんずるはらだ。・・・・・・

あっ、聞き覚えがある!仏説阿弥陀経だ!って思ったのでした。
普段の自分は自分からお経を読むということは滅多にありません。
(でも時には般若心経を読まないといけない時はあります)
なのに、このお経の節が鮮明に浮かんできたのでした。

仏説阿弥陀経・・・
私がまだ幼い頃のことですが・・・仏壇の前に父と共に座り
経本を開きながら一緒にお経を読んでました。
父から教わってたんでしょうね。
意味はまったくわからなかったけれど、歌のような口調の良さが
気に入って、父と一緒によく仏壇の前で唱えてました。
たぶん最後まで諳んじることができてたように思います。

懐かしい父との思い出です。
父と何年会ってないだろうか・・・もうじき60年が来るかなぁ・・・
父が亡くなってから、もう60年近く過ぎたんだなぁ・・・
叔父の葬儀で、今は亡き父のことも思い出したりしました。

別れって・・・いつも辛く悲しく淋しいものですね。

f0206605_2103545.png

[PR]
by hana-poketto | 2015-09-28 21:09 | その他 | Comments(4)

今頃ですが

声楽の発表会の時のCD(写真集)を娘夫婦からもらっていましたが
パソコンにCDドライブが付いてないので見れずにいました。
先日、そのことを息子に話すと、使ってないのがあるから
と言って、外付けCDドライブを持ってきてくれました。

やっと見れる環境が整ったにもかかわらず
気分が乗らず、そのままになっていたのですが
昨晩ようやく重い腰を上げてCDドライブを作動させ、画像を見ました。
いろんな場面の写真を撮ってくれていて・・・(娘婿に感謝!)
その時々の自分の姿(しぐさや姿勢)に、ちょっと恥ずかしくなったり
また、ちょっと誇らしく思ったりしながら、画像の編集をしました。

えっ、今頃? という1ヶ月遅れのアップとなりましたが
今年の夏のドキドキした思い出として記録に残したいと思います。
f0206605_6402345.jpg

f0206605_1461018.jpg

[PR]
by hana-poketto | 2015-09-23 06:24 | 声楽 | Comments(8)

澄み切った秋空

シルバーウィーク4日め。
今日も爽やかなよいお天気でした。
空気が澄み切っていて、風も爽やかで、気持ちも晴れ晴れですね。
高く、青い空には、刷毛で掃いたような薄い雲が広がり、美しいこと!
足を止めて、しばし見とれてしまいました。

↓ は、昨日見た雲。 うろこ雲かな。
f0206605_23141627.jpg

↓ は、今日の雲。 これは、すじ雲と言ったらいいかな。
f0206605_23204275.jpg


秋の空を読んだこんな句を見つけました。

  二色の絵具に足るや秋の雲   召波
  秋の雲いよいよ高く登りけり   子規

庭から眺めた青空は、まさにこの句の通りでした。
しばらくよいお天気が続きそうですね。
明日は、青空にどんな雲が広がるかな。
[PR]
by hana-poketto | 2015-09-22 23:22 | その他 | Comments(0)

手作りしてみたよ

手縫専門の私が、ミシンがけしたのは何年ぶりでしょう。
小物なら何とか作れるという私が、洋服を作ったのでした。
洋服と言っても、超簡単なベストなんですよ。
型紙らしきものを作ったのも、本当に久しぶり。
型紙と言っても、既成服をなぞっただけ。

ちょっとずつ進めて、3日かけて完成させました。
それが、これです。
f0206605_23114661.jpg


夏の間インナーとして着ていたインド更紗のノースリーブを
涼しくなってから、Tシャツの上に着てみました。
すると、それがけっこう良い感じで、気に入ってしまって
「よし! 簡単そうだから自分で秋物を作ってみよう!」
という考えがわき、早々に布を調達して作ったのでした。

襟ぐりや袖ぐりはバイアスを使うと簡単かも・・・
と思っていたのですが、更紗より少し厚手の布だし・・・
見栄えも大事だし・・・きちっと感があった方がいいかな・・・
ということで、見返しで処理することにしました。
見返しは、自分で思ってたほど面倒な作業ではなく簡単でした。
両脇裾には少しだけスリットを入れてあります。

試しに着てみましたが、まずまずの出来映えかな。
ぴちっとしたTシャツを着ると体の線が気になるので重宝なベスト。
インド更紗のノースリーブはけっこうな値段だったけれど
これは1000円をちょっと超えただけ。布代だけだものね。
まずはオフホワイトのTシャツの上に着てみようかな。
[PR]
by hana-poketto | 2015-09-21 06:32 | 手作り | Comments(4)

お墓参り

今日20日は、彼岸の入り。
午前中、叔母が眠る菩提寺での彼岸法要に参加しました。

独身で子どもがいなかった叔母は存命中から私を頼りにしていました。
叔母がだんだんと老いていく中で、ますます私が必要な存在になり
私のできる範囲内で叔母の世話をさせてもらいました。
でも、叔母の気持ちに十分に寄り添えなかったような気がして
叔母の最後を見送ってからずっとそれが心残りとなっています。

お盆の時は我が家に来て頂けないのでお迎えには行きません。
でも、お彼岸には会いに行ってあげなくてはと思うのです。
きっと叔母は私が来るのを待っているに違いないと思うのです。

私がいなくなれば、誰もお参りする人がいなくなることを考え
叔母はお寺の共同墓地に埋葬してもらっているのですが
私がこの世にいる間は、できるだけ叔母の墓所にお参りしたい
そう思っています。
叔母が亡くなってから、もう5年になるのかなぁ・・・。
f0206605_20325216.jpg

午後からは、我が家のお墓参りのためのお花を準備しました。
今回は、畑にたくさん咲いている百日草を中心にして作りました。
びしゃこ、百日草、ハツユキソウの3種類でシンプルにまとめました。
百日草の花は、白・桃・赤・オレンジ・黄・・・と、色とりどりの花を
使ったので、とても可愛い仏花が出来上がりました。

教室が終わった夕方、夫と二人でお墓参りに行きました。
お墓には、すでに幾つかの仏花が供えられていました。
親戚の人が一足先にお参りしてくれたようでした。
我が家のお墓にお参りした後は、私たちも親戚のお墓に行き
お花を供え、線香を上げてきました。

秋分の日とは・・・「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」
仏教でいう極楽浄土は西方にあるんでしたね。
真西に太陽が沈む秋分の日に、お墓に参じて故人に思いをはせる
何か日本人らしい思いが感じられるなって思っていたら
この日にお墓参りをするのは日本だけの風習なんだそうですね。

若い頃はお彼岸のことを深く考えたりすることはなかったなぁ・・・
今日はそんなことを考えたりで・・・何となくしんみりな気分です。
物思う秋かな・・・今夜は寒いくらいです。
[PR]
by hana-poketto | 2015-09-20 22:31 | その他 | Comments(0)

風に揺れる花

f0206605_196374.jpg

f0206605_197583.jpg


この伸びに伸びて咲く1mを超えるブルーの花は何だったかな?・・・
長く思い出せないでいましたが、今日ようやく思い出しました。
この空色の花は、「サルビア・アズレア」でしたね。

鉢に植えてあるのですが、とても丈夫な花なので
水やりはするものの、後の世話は何もしなかったのでした。
ここまで伸びる前に、切り戻しておけばよかったんでしょうね。
そしたら、こんな暴れん坊にならず草姿が整ったんでしょうね。

花が咲き始めた今となっては、このままで花を楽しむしかありません。
花茎が倒れるようになってきたので、支柱を立てて茎を束ねました。

こんな姿のアズレアだけれど・・・
これはこれでまたいいかもと思ったりもしてきました。
ナチュラルで、アトリエに似合ってるじゃないの・・・なんてね。(笑)
でも、来年は花が咲く前に(夏かな)切り戻しをしたいと思います。
その方が株が充実しそうですものね。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓ は、昨日寄せ植えにした花です。
斑入りのユーパトリウムの名前は、「ユーパトリウム・ピンクフロスト」
葉が、他のユーパトリウムと違って、フジバカマの葉みたいですよね。
斑入りフジバカマといっしょなのかな?
f0206605_1961845.jpg

[PR]
by hana-poketto | 2015-09-17 22:17 | 庭や花 | Comments(2)

久しぶりに

耳鼻科からの帰り道、少し寄り道して園芸店に立ち寄りました。

小雨が降っていたし、徒歩で行ったので、見て楽しむだけにしよう!
そう思っていたのですが、ちょっと目新しい、好みの物があったので
2種類の花苗を買ってしまいました。

斑入り葉のユーパトリウムとトルコキキョウです。
斑入り葉のユーパトリウムは、ピンクの花が咲くようでした。
晩秋まで咲くと記されていたので、2ポット買いました。
トルコキキョウは、小輪一重のグレーがかったピンクの花で
草丈も低く、銀緑のツヤのある葉がきれいだったので気に入りました。

雨が止んだ時を見計らって、早々2種類を寄せ植えにしました。
花は地味だけど、ユーパトリウムの斑入り葉が明るくてきれいです。

今、アトリエの庭で困るくらいに増えているのが、青花のユーパトリウム。
白花のユーパトリウムは、たったの1株だけになりました。
その一方、自宅の庭には青花はなくて、白花ばかり増えています。
それぞれお気に入りの場所があるのかな?と不思議です。

銅葉のユーパトリウムもありますが、こちらは全く増えていかないですね。
斑入り葉のユーパトリウムはどうかな?
地植えにして増えたら困るので、しばらくは鉢で様子を見ます。

f0206605_0345141.jpg

     (画像は、ハッピーガーデンからお借りしました)
[PR]
by hana-poketto | 2015-09-16 23:09 | 庭や花 | Comments(2)

甘くないぞ!

今日は声楽のレッスン日でした。

1週間の練習が十分にできていない時は
レッスン日の午前中に、時間のある限り練習をしてから
午後のレッスンに出かけるのがいつものことなのですが
今日は午前中にいくつかやることがあったので
全く練習しないでレッスンに出かけました。

先週はいろんなことに時間が取られてしまって
いつもよりうんと練習が不足していたはずなのに
”先週上手く歌えたのだから、きっと大丈夫!”
そんな安易な気持ちも少なからずあったかなと思います。

歌曲を歌う段になると、歌詞を間違ってしまうやら
音を外してしまうやら・・・で
先生のピアノの手を、たびたび止めてしまいました。

やっぱり毎日少しだけでも歌っておかないとダメだな
今回上手く歌えなかったのは当たり前のことだよな
とあっさり認めている自分がいました。

来週のレッスンはお休みなので、次回までに2週間あります。
と言っても・・・Time flies. 2週間もあっという間かも!
毎日少しでも時間を見つけて真面目に練習をしよう!
改めてそう思っているところです。

f0206605_23162965.jpg

[PR]
by hana-poketto | 2015-09-15 23:19 | 声楽 | Comments(2)

ブログを書くのは・・・

ブログを自分は何のために書いてるんだろう・・・
最近になって時々、こんな思いを持つことがあります。

15年ほど前に初めてガーデニングに関するHPを作った時
コンテンツに「庭日記」というのを加えました。
退職したばかりの時で、書く習慣は続けていきたいな
という思いがあったからでした。
また、退職後は人とのつながりが少なくなることを考えて
無料の「画像掲示板」を借りて、みなさんと交流を図っていました。

「ブログ」というものが世の中に広まってからは
自分でページを構成する庭日記は止め、そして掲示板も閉じ
ブログに書き記すことにしました。
ブログは無料で借りれるし、簡単に書き込めて、アップも簡単ですし
コメント欄もあるので、今まで通り交流ができました。

そんな経緯で、今もブログを書いているのですが
1ヶ月に1日しか更新しないようなときもあったり・・・
あれから年齢もずいぶん進んだし、体調もいろいろあったりで
それはそれでいいかな・・・と思ったりもしているのですが
でも、初心を忘れてしまっているんじゃないかという思いもあって
9月に入ってからは、できるだけブログに向かうようにしています。

それで、ブログをなぜ書いてるの?という問いについてだけれど
はっきりしてるのは、自分が用意したブログ(ノートのようなもの)が
ここにあるからだろうなと思います。
HPにブログというコンテンツを設けてるんだから、何か書かなくちゃ〜
そんな思いがブログに向かわせているんだと思います。
題材を見つけて書き記すだけならノートでもよさそうだけれど
でもブログだと、どなたかが読んで下さっています。
そしてコメントを残して下さいます。
共感して下さったり、励まして下さったり、教えて下さったり・・・
温かい言葉を添えて下さる。
これが、日記張と違うところだろうなと思います。

提出した日記に先生が一言二言赤ペンで言葉を添えてくれましたよね。
日記張が返されると、すぐに赤ペンの言葉を読んだことを思い出します。
子どもの頃のこの思いと同じなんだなと思います。
書き記した記事にコメントを頂けることは、本当に嬉しいことです。
私のことを思い浮かべながら書いて下さったんだと思うと嬉しいのです。
できたらこれからは毎日、言葉を綴りたいなあと思っているのですが
できるかなあ・・・どうかなあ・・・。

f0206605_206891.jpg

[PR]
by hana-poketto | 2015-09-14 18:04 | その他 | Comments(2)

心地良い時間がゆっくり流れるそんな毎日にしたいな!


by hana
プロフィールを見る