とうがらし

義妹が持ってきてくれたやや小さめの唐辛子の実。
少しだけ細い針金に通して、飾ってみました。

f0206605_22273888.jpg

フレッシュのままで針金に通すと楽チンです。
こうして飾っている間にドライできます。
赤い色が部屋を明るく楽しい雰囲気にしてくれています。
赤い色は元気をくれますね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by hana-poketto | 2016-11-10 22:41 | 手作り | Comments(4)

もう一度

先日、久しぶりに隣県のガーデンショップに行ってきました。
秋晴れのよいお天気でしたので、山道がとても心地よく感じられ
また、到着後もゆったりした気持ちでショップ内を回ることができました。

庭木を見たり、鉢を見たり、花苗や室内植物を見たり・・・
屋内や屋外の広い場所を歩きながら、あれやこれや物色。
気がつくと2時間も経っていました。
でも、私が買ったのは、このエアープランツだけ。

f0206605_3363961.jpg

育てていたエアープランツが何故か枯れてしまい
主のいなくなったガラスの器が何だか寂しげに思えて・・・
それで、2代目を迎えたのでした。
ヤシの繊維を敷いた器には、4種類のエアプランツが入ってます。
名前は不明なのでまたゆっくり調べてみようと思ってます。
今度は仲間がいるから元気に育ってくれるかな。
今度こそ元気に育って欲しいな。


南の日当たりのよい場所に移動した多肉植物。
f0206605_357396.jpg

小ちゃかった手前の1本が見違えるほど大きくなりました。
水やり・・・ぐっと我慢しています。(笑)



・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by hana-poketto | 2016-11-08 23:02 | 庭や花 | Comments(4)

涙型リース 3つ

これは、先日紹介したバラの涙型リースですが
少しだけ手直ししました。
上部のバラの花を形よい花に差し替え、リボンを結びました。

f0206605_21512379.jpg



次の作品は、広葉マウンテンミントだけのリースです。
銀緑1色なので、明るめのリボンを結びました。
クリスマスカラーになったかな。

f0206605_21515627.jpg



上の2つのリースがかけ離れたようなイメージになったので
それらを調和させたいなと思って、次の作品を作りました。

f0206605_21523926.jpg

ニゲラの実とキンポウジュの葉を使っています。
そして、バラのリースと同じリボンを結びました。
リボンは、チョコレートの箱に結ばれてたものを再利用しました。
アルファベットが記されたリボンがさり気なくて気に入ってます。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by hana-poketto | 2016-11-07 20:59 | Comments(0)

新しい作品

額飾りばかりの展示では、単調かなと思い
バラをメインにした涙型のリースを作ってみました。
赤みがかったバラの葉がいい雰囲気を作ってくれました。
小さな花は、ヤマアジサイです。
土台は、ラフィアを三つ編みにして束ねたものです。
(以前使ってたものを再利用しました)
やっぱりバラをたくさん使うと豪華になりますね。
f0206605_17162323.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


前回記した ”100円のミニの木製額” というのは、これです。
2種類の大きさの額を、3枚ずつ買いました。
大小2枚を重ね合わせ、額縁部分を太くしました。
100円より200円にした方が良い額に見えますよね。(笑)
3つの額飾りは3部作として横1列に展示することにしました。
そして、アレンジした3作品が↓の作品です。

f0206605_17164811.jpg

f0206605_17171763.jpg

f0206605_17174286.jpg

真ん中のバラを使ったアレンジが気になってます。
バラの下の部分がやっぱり気に入らないのです。
これでも、2度やり直したのだけど・・・
このまま置いといて、また良い案が浮かんだらやり直します。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by hana-poketto | 2016-10-29 18:13 | 手作り | Comments(8)

ドライフラワーで

先日作った額飾りです。
バラをメインにしてアレンジしたものです。
バラは、我が家で咲いたピエール5輪(蕾も入れて)と
頂いた花束の中に入ってたバラ2輪です。

f0206605_19471560.jpg

細くて茶色いのは、花が咲いた後にできた種。
ボックセージだったかな? いや違うな・・・他のハーブだったかも・・・
種のついた形が面白いなと思って取っておいたのでした。
全体の引き締め役はバラの葉でと思っていたのですが
バラの葉だけでは優しげな雰囲気が作れなかったので
表情のある細葉の丁子草を所々に入れました。
紫の小花は、ヒメヒゴダイです。



もう1つ、ミニお盆を使った作品がこれです。
f0206605_16582791.jpg

お盆の中にアレンジすると(縁が細く高いですものね)
箱の中に詰めました・・・っていう感じになりました。
お盆を使うのは、この作品だけにしようと思います。

このミニお盆は、100円ショップで買ったものです。
他にも、100円のミニの木製額を幾つか買ったのですが
今日は、そちらを組み合わせて作品を3つ作りました。
一緒に紹介しようと思ったのですが、画像がぼけていました。
また撮り直して、後日紹介させて頂きますね。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by hana-poketto | 2016-10-29 06:26 | Comments(0)

彼岸花

今朝は本当に珍しく、こんな時間に目が覚めました。
お布団の中でいろんなことに思いを巡らしていたのだけど
意を決して起きあがり、パソコンに向かってます。

まずは、マイブログに書き込まれたコメントを読み
あ〜こうしてコメントを下さる方々がいて下さるから
また何か書こうという気持ちになるんだなぁ・・・。
ここに来て下さるみなさんの温かいお心に感謝です。


昨日は、彼岸花の球根を宇陀市の観光協会に送りました。
庭の端っこ(元は田の土手)から掘り出した球根。
新聞で球根の記事を読み、それならと送ったのでした。

毎年秋に彼岸花の群生が見事だった宇陀市のお寺(仏隆寺)。
f0206605_5223677.jpg

それが、鹿や猪の食害に遭い大打撃を受けたようなのです。
新芽が食べられ球根も露出する有様で昨年は咲かなかったとのこと。
関係者やボランティアの方々によって新たに球根を植え、防護柵を施したようで
今年は疎らではあるけれど回復しつつあるということでした。

球根は今後も植える予定らしく球根を集めているようだったので
お役に立てばいいなという思いで、我が家の庭から掘り出した
緑の新芽が出ている球根(ダンボール1箱)を送らせて頂きました。

実は・・・彼岸花の球根を掘り出す作業の後
顔のあちこち(頬やおでこ、あご)にブツブツが・・・
最初は蚊に刺された?と思ったのですが、ブツの数が多いし
どうも、彼岸花の汁にかぶれてしまったようなのです。

毒があるとは聞いていたけれど、そのことを忘れていました。
食べると大変なことになるらしいけれど、まさか汁で・・・

調べてみると・・・
  皮膚が弱い方が触れるとかぶれる可能性があります。
  特に切り口から出る汁には注意してくださいね。
とありました。

鍬で掘り出した球根を袋に集めるとき手袋をはめてたはずだけど
一時素手でやることもあったかなと思います。
葉が千切れたり、球根が削られてたりするのもあったので
たぶん彼岸花の汁がついたんだと思います。
やっぱり毒性のある植物を触るときは要注意ですね。
彼岸花の球根に触って今日で6日めになりますが
少しずつブツブツは治まってきました。でも、完治はまだ。

彼岸花って、野生かなとずっと思ってたけれど
水田の畦などに人為的に植えられた植物なんですね。
ネズミ、モグラ、虫など田を荒らす動物の忌避のためだったようです。

また、彼岸花は漢方薬として利用されているそうです。
最近では、アルツハイマー型認知症の薬に利用されているらしく
「毒と薬は表裏一体」という言葉を聞いたことありますが
彼岸花って、そんな植物だったんですね。


いつの間にか外が明るくなってきました。
カーテンを開けると日が差し込んできました。
今日はよいお天気のようです。

f0206605_6423510.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by hana-poketto | 2016-10-26 05:24 | その他 | Comments(2)

ドライ作品

金網を張ってある額・・・これを窓と見立て
窓の外に広がる庭をイメージして作ってみました。

f0206605_21431827.jpg


f0206605_21434264.jpg

このアレンジの額は、数年前から使っていた額です。
でも、今までは額縁にアレンジするやり方でした。

窓と見立てた今回のアレンジは、自分ではとても気に入ってます。
絵を描くように、これかな、あれかなとドライ素材を選びながら配置し
自分の思うような景色を作っていくのがとても楽しかったんです。

今日は新しく2つの作品を作りました。
今日作ったのは、バラがメインの額飾りと、木製ミニ盆を使った作品です。
それはまた後日紹介しますね。



明日は声楽のレッスン日なので奈良へ。
明日は少し寒い日(気温18℃)になるようです。
寒くない服装で行かなくては・・・何着て行こうかなぁ・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by hana-poketto | 2016-10-24 22:01 | 庭や花 | Comments(4)

額飾り

↓の額は、5、6年前に手作りしたものです。
今までは、木肌の色のまま使っていたのですが
今回は、縁にペンキ、中部分にジェッソを塗りました。
どことなくスッキリしたイメージになったので
早々、ドライフラワーをアレンジしてみました。
前回と同じで、野の花をイメージして作りました。
f0206605_21364880.jpg

材料は・・・ヤマアジサイ・ヒオウギアヤメの実・丁子草の葉です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先日紹介したオクラの作品は、↓のようになりました。
ワイヤー文字は他の作品と合わせるとしっくりしないので外しました。
オクラの実が大きいので、なかなかよいアイデアが浮かびません。
オダマキの緑葉を入れると、少し優しい感じになった気がします。
小さいヒオウギの実を入れて可愛さを出しました。
f0206605_21412225.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


↓の作品は、オクラの作品とセットで展示しようと思って作りました。
オクラの作品があまりにもシンプル過ぎるので
その下に少し賑やかな作品を組み合わせてみようと思ったのです。
実をあれこれ使って配置していくと楽しげな雰囲気になりました。
f0206605_22281365.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by hana-poketto | 2016-10-20 22:23 | 手作り | Comments(2)

鉢植え2つ

レモンの苗木を買って植えたのは、5年ぐらい前になるでしょうか。
最初は大鉢に、それから地植えに、そしてまた今回鉢植えに。
植え場所をこんなにも変えるのは、生育が思わしくないからなのです。

これが現在の姿です。 まだまだ苗木って感じでしょ。
樹高も1メートルくらいしかありません。
f0206605_1814551.jpg

でも、今回は、レモンの木がすごく喜んでいるような気がします。
新しく出た葉がつやつやしていて勢いが感じられるのです。

この場所には、もう1つ鉢植えがあります。
↓の写真の左に少し写ってますが、枝垂れ梅です。
f0206605_1814324.jpg

義父を盆梅展に誘って見に行った時(義父の最後の遠出となりました)
盆栽士の資格を持つ義父が、この株がよいと選んでくれた枝垂れ梅です。

レモンの鉢は、この枝垂れ梅の鉢と同じものにしました。
この場所に置くには、同じ鉢の方が統一感があるかなと思ったからです。
少し和風で田舎風に見える鉢姿・・・そこが気に入ってます。
前回利用した園芸店に、同じ鉢が残っていてラッキーでした。

レモンの苗木を買った時は、黄色い実を3つつけていました。
でも、次の年から実は見てないです。
今年は花を見たように思うのだけど、どうも実は無しのようです。
来年はどうかな。白い花がたくさん咲いて黄色い実がつくといいな。



     ・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by hana-poketto | 2016-10-18 19:08 | 庭や花 | Comments(6)

ボブ・ディラン

ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞することが決まった。
テレビで、この報道を聞き
ボブ・ディラン・・・って?  
そうそう、若い頃よく口ずさんでた「学生街の喫茶店」
この曲の中に ”ボブディラン〜♪”という言葉があったな
と思い出したのでした。
ボブ・ディランって、確かミュージシャン・・・
その人が、ノーベル文学賞を? ・・・

↓は、翌日の新聞(奈良新聞)に掲載された記事です。
f0206605_2053249.jpg

そして、この曲が掲載されていました。
f0206605_20534715.jpg

記事を読み、そしてこの曲の歌詞を読み、納得できました。
そういうことなのか・・・
日本語に訳した歌詞でしか理解することができないけれど
1フレーズ、1フレーズが、心に訴えかけてくる。
どんな曲なのかな・・・

この「風に吹かれて」の歌は1962年に作られた・・・
となると・・・わたしが高校生になる前?
だとすると・・・それ以後に聴いてるかも知れない・・・

YouTubeで聴いてみました。
青春時代によく聴いた歌(メロディ)でした。
でも、当時は、内容まで深く考えてなかったと思います。

   シンプルで力強い旋律と和声進行を持つメッセージ・ソング

  「答えは風に吹かれている」というリフレインで締めくくられる。
   この曖昧さが自由な解釈を可能にしており
   従来のフォークファンばかりでなく
   既成の社会構造に不満を持つ人々に広く受け入れられることになった。

   ピーター・ポール&マリーのカバーが世界的にヒットして、
   作者のディランを一躍有名にした。
   1960年代のアメリカ公民権運動の賛歌とも呼ばれ
   現在に至るまでディランの作中最も愛唱されることの多い歌曲

私が若い時に聴いてたのは、ピーター・ポール&マリーの歌声だったんですね。
ボブ・ディランのこの歌に影響を受けた日本のミュージシャンも多いようです。

TV報道で、ギターを弾きながらこの歌を歌うボブ・ディランを見ました。
しゃがれた声で淡々と歌うボブ・ディランの姿が印象に残ります。



     ・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by hana-poketto | 2016-10-17 22:08 | その他 | Comments(3)

心地良い時間がゆっくり流れるそんな毎日にしたいな!


by hana
プロフィールを見る