2つめのリメイク



この手提げバッグを、現在リメイク中です。

f0206605_10075159.jpg

完成したリメイク1枚めが、こちらです。

f0206605_10155408.jpg


バッグの反対側のもう1枚は、アップリケの模様を少しだけ変えてあるのですが

周りを包む布は、1枚めと同じ布(小さな水玉模様)を使ってます


f0206605_14531116.jpg


2枚セットに見える今回のリメイク作品は、何に利用できるかなぁ・・・








# by hana-poketto | 2019-02-17 11:21 | 手作り | Comments(0)

2月も半ば



f0206605_14541526.jpg

白梅が開花を始めました。

昨年、思い切りよく枝をバッサバッサ切ったので、今年の花はほんの少し・・・

それでも、こうして開花してくれるとうれしい。

春は、もうそこにきていますね!



梅の木に吊るしたバードフィーダーには、今日もメジロがやってきてミカンを啄んでいます。

梅の花が咲くその枝下で輪切りのミカンに乗っかり、実を啄んだり、辺りを見回したり

メジロたちの様子も何だか華やいでるように見えます。


f0206605_15200564.jpg

知人から頂いた美味しいミカンも、メジロさんに半分お福分け。

もうじき春ですね〜






# by hana-poketto | 2019-02-14 15:26 | Comments(5)

キルトのリメイク




f0206605_14252370.jpg


これは、10年くらい前のものかな。

ハワイアンキルトに夢中だった頃に手作りした手提げバッグです。

作り立ての頃は、得意満面でよく使ってました。(褒めてもらえるのがまたうれしくて)

でも、今はもう使うこともない手提げ・・・置いていてももう不要・・・

そうかと言って、捨てるのも惜しい・・・何かに使えないかな・・・リメイクしてみようか。



そう思い立った夜、早々に解体して不要な部分は処分し、キルトの部分だけを残しました。

ぺらっとなったキルトを見ながら、タペストリーにするのが簡単でいいかなと決めました。

運よく、バッグの丸みをハサミでカットしていなかったので、四角く取れました。

キルトの四方を他の布で包んでしまえば出来上がりです。

これが、リメイクしたタペストリーです。



f0206605_13245049.jpg


案外簡単に仕上がりました。

と言いたいけれど・・・4つの角(額縁仕上げ)に悪戦苦闘したような・・・

あ・・・できない・・・難しい・・・と思わず声が出てしまいました。





複合機のサイズにピッタリだったので、複合機のカバーにすることにしました。

この場所が、今までよりちょっと目を惹く場所になりました。

使用済みの手提げがまた生活の中で役立ちそうで・・・気持ちもスッキリです。


f0206605_14092905.jpg








# by hana-poketto | 2019-02-09 14:18 | 手作り | Comments(8)

ミシンカバー完成!



昨年の12月から少しずつ縫い進めていたミシンカバーが、今日、完成しました。


f0206605_11404562.jpg

10年くらい前に楽しんだことのあるアップリケキルトをして仕上げたカバーです。

久しぶりのキルトだったのですが、ただチクチク針を進めるだけの単純作業。

これが、けっこう楽しかったです。

カバーの裾は、テープで包んで仕上げました。

”できるだけ簡単なやり方で!”がモットーの私流です。




裏はこんな感じ。


f0206605_11503796.jpg


このキルト布の鳥模様・・・気に入ってるのですが、布が少ししかなくて・・・

模様の上下を無視して横向きでもいいや・・・とミシンカバーの裏に使いました。

でも、作ってるうちに、横向きもまた可愛くていい感じじゃないのと思えるようになり

縫い代を三つ折りテープで包んでみたところ・・・裏も使えそうな気がしてきました。

せっせとアップリケキルトをした表より、こちらの方がむしろいいかもと思ったり・・・

まあ、その時の気分によって、表裏を変えて楽しんだらいいかなと思ってます。






# by hana-poketto | 2019-02-07 12:58 | Comments(2)

バードフィーダー



昨日作ったバードフィーダーを、また少し手直し(麻ひもをくくり直し、傘部分を短くカット)し

今日はミカンを差してみました。


f0206605_10144429.jpg



f0206605_10134500.jpg

甘色のミカンが加わると、冷んやりした畑が少し明るさを増しました。



今日はさらに別の梅の木に、リンゴも吊るしてみました。

針金を曲げただけのシンプルなバードフィーダーです。

針金だけのシンプルな方が私の好みかも・・・(笑)


f0206605_10364363.jpg


”楽しそうな場所だな!” ”ご馳走が置いてある〜♪”・・・なんて

早く小鳥さんの目に止まって欲しいなぁ。

窓から何度も外を覗いてチェックしてます。







# by hana-poketto | 2019-02-03 10:43 | 手作り | Comments(8)

今日は青空!


今朝のBSで見た「ニッポンぶらり鉄道旅「“冬にワクワク”を探して 小田急小田原線」
その番組の中で、藁で手作りされた素敵なバードフィーダー(餌台)を見ました。
藁と針金があればできそう・・・私でも作れそう・・・



そう思った私は、アトリエに着くや早々、物入れ(農具入れ)を開けて材料を探しました。
残念ながら、置いてあった藁はもう処分してしまったようで見つかりませんでした。
藁の代わりになるものはないだろうか・・・



見つかりました!
庭の隅で枯れ草となっているフウチソウです。
枯れた姿のまま放置してあったので、ごっそり地際から切り取りました。



茎を揃えて上部を麻ひもで束ね、上の部分を下に折り曲げてまたくくり・・
全体の形を整えるべく鋏で下部分切り揃え・・・
内側を押し広げながら、中心に針金を通し・・・
そうして出来上がったのが、これです。



雰囲気はどうかなと、畑庭にある梅の木に吊るしてみました。
今日は、ミカンがないので、とりあえずキンカンの実で代用。



f0206605_14544418.jpg


梅の蕾はまだまだ小さく、小鳥を呼ぶことはできませんが
梅の花が開花するまでの間、オレンジ色の甘いミカンに誘われて
小鳥がやってきてくれたらうれしいなと思ってます。


<追伸>
 お昼過ぎに、息子がやってきて窓の外を覗き・・・
  息子・・・あれは何?何か気味悪いよ。魔除け?
  私・・・・鳥寄せよ!今日テレビで見てちょっと真似して作ってみたの!
  息子・・・上の部分が長いから藁人形みたいに見えるんじゃないかな?
  私・・・・なるほどねぇ。じゃあ、頭部分を小さくするよ!
 
 
 そんなこんなで、息子が帰った後、ちょっと手直し。
 下部分の麻ひもを取り除いて頭部分を小さくし、傘部分の裾を広げてみました。
 枯れ草だから、触るたびに外側の枯れ葉がボロボロ落ちていきます
 
 枯れた葉は除けた方がいいかなと夫に話すと
 あの葉があるから情緒あるんじゃないかなと言ってくれました。
 息子の意見を告げると、”お母さんの芸術作品なのにね”と慰めてくれました。(笑)
 明日、ミカンを差したら、もう一度全体像を撮ってみますね!

 







# by hana-poketto | 2019-02-02 16:02 | 手作り | Comments(0)

1月も今日が最終


今日は冷え込んでます。お天気も雨の予報。どんよりしてます。

先日の温かい日差しに春を感じたりしていたけれど・・・

明日から始まる2月って厳寒期。まだしばらくは寒さが続くでしょうね

風邪に用心!用心!


今日は1月の最後だからブログを綴ろう。

毎日の更新は無理でも、何か書こうと思えたときは頑張ってみよう。

そう思いながら、今パソコンに向かってます。



最近、歯ブラシを違うメーカーのものに変えてみました。

今までは、あるメーカーの歯ブラシにこだわって、それをずっと使い続けていました。

白い歯や歯茎のピンク色は健康に見えるし、見ていて気持ちもいい。

そして、何より口内を清潔にしておくことは病気の予防になる。

そんなこと考えて、けっこう歯磨きやうがいには気をつけてる私です。

f0206605_11150824.jpeg

で、今回使い始めた歯ブラシなんですが、柔らかいタッチで歯当たりが心地よいのです。

ヘッドの形が丸く毛の本数も多くて、それがまた私の歯にピッタリ合っているのです。

私が毎回気を使って磨いてるのは、前歯上下の裏側なのですが・・・

その部分がまたとっても磨きやすいのです。

あ〜何で今までの歯ブラシにこだわって使い続けてたんだろ・・・って思った次第です。

時には、違うのも試してみるものですね。

2本めも使ってよかったので、しばらくはこれを使おうと決めて数本買い置きしました。

歯磨きというと・・・硬い毛の歯ブラシはよくないとか、磨き過ぎはいけないとか

磨く時間が大事だとか・・・いろいろ言われているようですが

自分が心地よく感じられる用具や磨き方が一番いいのかなと思ったりしてます。

歯は一生もの。最後まで健康に保ちたいなと思っている私です。







# by hana-poketto | 2019-01-31 11:15 | Comments(2)

悲歌 海の幻



沙羅峰夫 作詞 ・ 蓑作秋吉 作曲

  
  冬の海こえて 我が子は去った 枯れた花の匂いをのこして


  白い霧の中に 船はかくれて行った さびしい小鳥の様に

  仄暗い沖のかなた とほい海の冷たい夢の なんて目に沁みることだ

  涙もなくて一人ゆく 小さいうしろ姿よ はかない雪の上の足跡よ

  それもやがて消え失せる 思へば海の上の己の心に ああ雪が降る 雪が降る



今週のレッスンから、この歌の譜読みをして練習に入りました。

我が子を亡くした悲しみを冬の冷たい海に重ねて歌ったものでしょうか。

曲の調べは悲しげですが、とても美しい旋律で、気に入ってます。

繰り返し練習を重ねて、この歌の心情が表現できたらいいなと思っています。

今年8月の発表会の曲になるかなと思います。



先日引いてしまった風邪がまだ長引いています。

レッスンには通ってはいるのですが、練習曲も歌曲も出来栄えは散々です。

体力の維持・増進を目的としてレッスンを続けているはずなのに

風邪をひいてしまうようではダメですね。

やっぱり練習が不足しているということなんでしょうね。

風邪を吹き飛ばすぐらいの気持ちで取り組まないといけないなと感じています。




冬咲きのクレマチス「アンスンエンシス」の開花が始まりました。

冷たい朝の空気の中で咲く白い花は清々しいですね。


f0206605_11314010.jpg

f0206605_11315622.jpg


白い花がよく見えるように、寒さで痛んでいた葉を取り除いてあげました。






# by hana-poketto | 2019-01-23 13:35 | Comments(2)

石油ストーブ



この冬から、こんなストーブを使い始めました。

ちょっとレトロな雰囲気のあるストーブでしょ!


f0206605_13302666.jpg

このストーブがアトリエに来たのは、4年くらい前になるでしょうか。

今はもう使えないのだけど、絵のモチーフになれば使って欲しい

そう言って、知人が持ってきてくれたストーブなのです。

昨年まで、アトリエ内の長テーブルの下で埃をかぶっているような状態でした。



昨年の12月頃でしたか、息子がやってきて、このストーブの部品が揃いそうだと言うのです。

ネットで、このストーブを偶然見つけ、興味をそそられて調べていたら

芯やネジなど部品が売られていて、欠けてる部品が揃えられそうなこと

そして、このストーブの愛好者が結構いて、中古でも値段がかなりする

そんなストーブであることがわかったとのこと。



えぇっ!知らなかった!そんな値段がするものを頂いてたのね

このまま使わずに置いておくのはもったいない。

部品が揃って暖房として使えるのだったら、使うことにしようよということになり

足りない部品をあれこれ取り寄せて組み立て直し、石油ストーブとして形が整ったのでした。



エアコンにはない、明るさと温かさがあり、体も心もじんわりと温もる〜🎵って感じです。

頂いた方にも報告して、見に来て頂きました。

また使えるようになり、寒い冬に大いに役立ってることを喜んで下さいました。

知人にとっても思い出のある品のようです。大切に使わせてもらおうと思ってます。




# by hana-poketto | 2019-01-17 15:58 | その他 | Comments(6)

今日も作りました



昨年の12月頃から何回も作っている大根のお漬物があります。

それがこれ・・・「大根葉のお漬物」と「柚子大根」です。

f0206605_09285774.jpg


材料の大根や柚子は、自分の家で収穫したものです。

今回初めて畑を耕し種まきをして育てた私なので、できた大根が可愛くて

大根から切り離した葉も捨てがたく、中側の柔らかそうな葉もお料理に使っています。


そもそも大根の葉って、栄養豊富なんですよね。

   ビタミンAは、ほうれん草並み

   ビタミンCは、ほうれん草よりも多く
   カルシウムに至っては、ほうれん草の約5倍も含まれているそうです。

そんな訳で、この冬は今まで以上に大根を身近に感じる食事作りになってます。

上の2種のお漬物は交代で食卓に上ってますが、今のところまだ飽きずにおいしく頂けてます。




# by hana-poketto | 2019-01-13 15:54 | Comments(2)

心地良い時間がゆっくり流れるそんな毎日にしたいな!