9月のレッスンが始まった

昨日は9月に入って2度めのレッスンでした。
先週は、発声練習と発表会前に出ていた課題曲の譜読みでした。
2回めの昨日は、発声練習をした後、歌詞で歌いました。
何故かわからないけれど、いつもよりうんと気持ちよく歌えました。

そしたら、そしたら・・・
うれしいことに、日本歌曲「波浮の港」は合格でした。
そして、イタリア歌曲の「Tristezza (悲しみ)」(トスティ)も
来週もう一回歌って終わることになりました。
こんなに早く合格できるなんて・・・本当にうれしいです。

先生は、この歌はそこそこの歌だから割とさらっと歌えますね
と言われたけれど・・・泣きたくなるほど苦しかった発表会の練習
を思い出しながら・・・きっとその時に諦めずに努力したことが
今回につながっているにちがいないと思いました。
こんなうれしいことがあると、次もまた頑張って練習できそうです。

トスティの歌曲はひとまず終わりになりました。
トスティーの曲は、どの曲も本当に美しいメロディーでした。
歌っていて酔いしれてしまいそうな・・・そんな歌ばかりでした。
中でも好きだったのは、「Ancora!」「ideale」「Segreto」
そして「Preghiera」かな。
今練習しているのは「Tristezza」 
悲しみがひしひしと伝わってくるような歌なんだけど・・・
この曲もすごく気に入っていて、来週で終わるのが惜しい気がしてます。

次回からは、ベッリーニの曲を練習します。
1昨年の発表会で歌った「Vaga luna che inargenti(美しい月)」
あまり上手く歌えなかったけれど、美しい旋律でした。
ベッリーニ2曲めの課題曲は「Malinconia, Ninfa gentile」です。

 Malinconia, Ninfa gentile,
 la vita mia consacro a te;
 i tuoi piaceri chi tiene a vile,
 ai piacer veri nato non è.
  マリンコニア、やさしい妖精よ
  私は貴女に命を捧げる。
  貴女の喜びを大切にしない者は
  生まれつき真の喜びには向いていない。
 
 Fonti e colline chiesi agli Dei;
 m'udiro alfine, pago io vivrò,
 né mai quel fonte co' desir miei,
 né mai quel monte trapasserò.
  私は神々に泉と丘を求め、
  その願いはついに聞き入れられた。
  私は安らかに生き、私の望みが
  あの泉とあの山を越えることは決してないだろう。

やっぱり愛の歌ですね。
大袈裟過ぎるほどの愛情表現・・・これがイタリア流なんですね。
熱く愛を語る歌・・・私に歌えるかな。(笑)

YouTube で、Pavarotti の歌を聴いてみました。
少し寂しげな感じ? 抒情的? そんな感じがする曲ですね。
短い歌曲だけれど難しそう・・・簡単には仕上がりそうにないなあ。
Pavarotti の伸びやかで声量のある歌声はやっぱり聴き応えがありますね。
Pavarotti の歌を何度も聴きながら頑張って練習しようと思います。

f0206605_2144141.jpg

お時間がある方は、ここ で聴いてみて下さいね。
[PR]
by hana-poketto | 2015-09-09 21:02 | 声楽 | Comments(0)

心地良い時間がゆっくり流れるそんな毎日にしたいな!