お墓参り

今日20日は、彼岸の入り。
午前中、叔母が眠る菩提寺での彼岸法要に参加しました。

独身で子どもがいなかった叔母は存命中から私を頼りにしていました。
叔母がだんだんと老いていく中で、ますます私が必要な存在になり
私のできる範囲内で叔母の世話をさせてもらいました。
でも、叔母の気持ちに十分に寄り添えなかったような気がして
叔母の最後を見送ってからずっとそれが心残りとなっています。

お盆の時は我が家に来て頂けないのでお迎えには行きません。
でも、お彼岸には会いに行ってあげなくてはと思うのです。
きっと叔母は私が来るのを待っているに違いないと思うのです。

私がいなくなれば、誰もお参りする人がいなくなることを考え
叔母はお寺の共同墓地に埋葬してもらっているのですが
私がこの世にいる間は、できるだけ叔母の墓所にお参りしたい
そう思っています。
叔母が亡くなってから、もう5年になるのかなぁ・・・。
f0206605_20325216.jpg

午後からは、我が家のお墓参りのためのお花を準備しました。
今回は、畑にたくさん咲いている百日草を中心にして作りました。
びしゃこ、百日草、ハツユキソウの3種類でシンプルにまとめました。
百日草の花は、白・桃・赤・オレンジ・黄・・・と、色とりどりの花を
使ったので、とても可愛い仏花が出来上がりました。

教室が終わった夕方、夫と二人でお墓参りに行きました。
お墓には、すでに幾つかの仏花が供えられていました。
親戚の人が一足先にお参りしてくれたようでした。
我が家のお墓にお参りした後は、私たちも親戚のお墓に行き
お花を供え、線香を上げてきました。

秋分の日とは・・・「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」
仏教でいう極楽浄土は西方にあるんでしたね。
真西に太陽が沈む秋分の日に、お墓に参じて故人に思いをはせる
何か日本人らしい思いが感じられるなって思っていたら
この日にお墓参りをするのは日本だけの風習なんだそうですね。

若い頃はお彼岸のことを深く考えたりすることはなかったなぁ・・・
今日はそんなことを考えたりで・・・何となくしんみりな気分です。
物思う秋かな・・・今夜は寒いくらいです。
[PR]
by hana-poketto | 2015-09-20 22:31 | その他 | Comments(0)

心地良い時間がゆっくり流れるそんな毎日にしたいな!